スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題×課題×課題

2009.03.31 23:37 candy

昨日の夜、またもやデパケンRを飲み忘れた・・・。
薬がないというだけで不安になる癖に、持っていたら持っていたで、存在を忘れてしまったり。
デパスやリスパダールの存在は忘れたことがないのに、なんでだろう?
今週の診察は土曜日で、薬の効果などについてお話しなくちゃいけないのに、これじゃ話せないよ。。。
今日からは絶対!
絶対に飲み忘れないようにしなきゃ。


昨日は、初めてブログ友達とお電話。
相手はれみちゃん。
今までメールはしたことあったけれど、電話は初めてで少し緊張しちゃった。
れみちゃんは顔も可愛いけど、声も可愛くて、“こんな女の子になりたいな”なんて思った。
オシャレだし、スタイルいいし、可愛いし。
それらを鼻にかけないし。
すごく優しい子なんだもん。
私の母親が帰宅したために、短い時間しか電話できなかったけど、またいつか電話できたらいいな。

それから、夜中の3時頃まで、私のメールに付き合ってくれたうたづきさん。
眠れない夜は、いつも堕ちてしまう私だけど、うたづきさんのおかげで昨夜は堕ちないですんだよ。

みんな、みんな、ありがとう。
私は住んでいる所がみんなと遠くて、ブログ友達とオフ会いしたことは1度もない。
だけど、いつかみんなと会って、遊べたらいいな。


現在進行形で、私が悩んでいること。
PHOTOブログの方にも書いたけれど・・
春休みの課題となっている古文のプリントが、2枚足りないの。
古文のプリントは、実力テストの範囲に含まれているから、提出日はテストがある日。
だから、始業式の日に貰っても、十分間に合うと思う。
でも、それはあんまりかなぁ、とも感じてる。
学校に取りに行くべきなんだろうか・・・。
でも、外出したくないし、何より学校に行きたくない。
始業式へ行くことさえ憂鬱なのに、休み中に学校に行くなんて、論外だよ。
だけど、プリントを貰いそびれてたことに今頃気づいた私が悪いもんなぁ。。。
どうしよう・・。
学校へ電話して、国語科の先生に相談しようかとも思ったけれど、学校に電話する勇気も持てなくて。
優柔不断だ・・・。

でも、古文のプリントの前に。
課題が終わらないかもしれないという危機に陥っていたりする。
体育のレポートは、まだ9枚目で停滞中。
英語の長文問題+全訳は、まだ半分残ってる。
そして、数学・・・。
55問あるうちの、5問までしか解けてない。
あまりに躓き過ぎて、それ以来、数学の課題ノートを手に取ることさえ怖くなってしまってるから、これまた体育レポート同様、停滞中。
そして、そんな危機に陥っていながらも、PCと向き合ってる。
いつから私は、こんなダメダメな生徒になったんだろう・・・。
1年前の自分に戻りたい。
もう、頑張る方法を忘れちゃったよ・・・。

スポンサーサイト

過去からの悟り

2009.03.30 23:40 candy

昨夜は久々に眠れない夜を過ごした私。
今日は春休みだと言うことをいいことに、12時過ぎまで爆睡。
ベンザリン、初めて飲んだ時は効かなかったのに、最近はちゃんと効いてくれてたんだよね。
学校がないから、“明日”という日に向けた不安が少ないって言うことも関係しているのかも。


眠れない夜の時間、小学校・中学校・高校と、今までの自分について振り返ってみた。
そして、気づいたんだ。
どの時代について考えてみても、美結華の友好関係がずっと順調に続いていたことはなかったって。

まず、小学校の頃。
小5の時に、今までにないくらい仲良くなれた友達2人がいたの。
私はすごく信頼していたし、その子達が大好きだった。
だけど、小6になった頃には、その友情は完全に崩壊してしまったんだっけ。
友達2人は仲の良いままだったけど、とにかく美結華は話をすること・目を合わせることさえも出来ない程に嫌われちゃったんだよね。
同時進行で、他のグループの子達が“愛結菜を嫌う団体”みたいな集まりを作って、私の周りにいたはずの友達は、そこにどんどん吸収されていった。
友達は、元友達になった。
この時が、“人って信じないべきなのかな?”なんて思った始めての時期。
だけど、その頃はまだ、絶対的に信じられる子が1人だけいて。
その子のおかげで、学校へも休まずに行くことが出来てた。

次に、中学校時代。
私は、小・中とエスカレーター式になってる学校に通っていたから、中学入学に対して大きな不安を抱いてた。
でも、始めは順調だった。
気持ちを新たにして、小学生時代を帳消しするように、たくさん友達も出来たよ。
女子生徒が多く入部してる吹奏楽って部活に入ったことも、関係あるかもしれないね。
毎日がすごく楽しくて、充実してて。
そんな楽しい時間が崩れるなんて、思ってもいなかった。
だけど、中2の夏休み。
部活内の同学年の子からの全員一斉シカトが始まった。
1番ショックだったのは、小学生時代に“この子だけは”と思って、心の支えとしていた人からもシカトされたこと。
夏休みが明けたら、学年全体で美結華を拒絶するような雰囲気になってきたっけ。
拒絶するだけなら、まだ良かった。
女子って、怖いよね。
やることが陰湿だから。
どんなことがあったか、なんて、書くことはできないけど・・・
今でもそう思う。
この頃になると、私はもう、誰のことも信じることをしなくなった。
たまに暖かい言葉をかけてくれる人がいても、“裏切るときのための布石”だとしか感じられなかった。
中学3年の後半は、私には感情が欠落していたと思う。
死ねとか、キモイとか、ウザイとか言われても、机やイスに落書きされても、物を盗られても、何も感じなくなってた。
後日談によると、私の目は、完全に“死人”だったらしい。
当然といえば、当然。
1年半もの間、毎日“死ね”なんて言われたら、体は別として、心は死ぬに決まってる。
でも、私はそれでよかった。
その方が、楽だった。
感情なんて、邪魔なだけだから。

最後に、現在進行形だけど、高校時代。
私のクラスに、同じ中学だった人が少なかったこともあり、始めは順調だった。
これも、中学時代と同じ。
新しい環境の中で、新しい友達・先生に出会って、毎日楽しみながらも、勉強に励んでいたね。
高校では、みんなが大人になったからか、小・中学時代のように大きく友好関係が崩れることはなかったよ。
だけど、1人、美結華を完全拒絶するようになった子がいる。
その子は、その時点ではクラス内で1番信頼できると感じていた子。
ある日突然、美結華と口を訊いてくれなくなった。
目も合わせない。
私がいたら、グループの子にも近づかない。
私がいるだけで顔が引きつってて、全く笑わなかった。
私がいなければ、楽しそうに笑って過ごしてるのに。

こうやって振り返ってみると、嫌でも自分自身の性格や行動に、なんらかの欠落があるとしか思えない。
こんな風に書き並べてみると、みんなが悪い人のように感じてしまうかもしれないけど、みんなみんな、いい子なんだ。
とっても、とっても心優しい人達なんだ。
そんな人達に拒絶されるようになるのは、やっぱり私の性格や行動に、ありえないほど問題があるからだと思う。
小・中学校のことを反省して、高校生になってからは、人を傷つけない優しい人になろうと努力してきたつもり。
それでもダメった。
努力しても変われないほど、私の性格や行動の問題は大きかったんだね。

私は、いつも気づかないうちに人を傷つけてる。
そして、相手が限界を迎えるまで、傷つけてしまっていることに気付けない。
客観的に見ると、そういう人間は最低だと思う。
だから、私は私自身を、最低だと思う。

私の存在が、みんなを傷つける。
私のせいで、みんな不幸になる。
そもそも、美結華は生まれてきたこと自体が間違いだったんだよね。

・・・・眠れない夜ほど、怖いものってない。
過去を思い返したって、いいことなんて何もないのは分かってたはずなのに。

『もう、2度と誰も信じない。
誰も信じなければ、裏切られることもないし、傷つくこともない。
だから、私は絶対に誰も信じない。』

そう誓った気持ちが復活。
そういえば、T先生が養護教諭の先生に
『ちょっと人間不信気味みたいなんですよねー・・。』
って言ってたらしい。
ある意味当たり、ある意味ハズれ。
人間不信は本当だけど、“ちょっと”じゃないから。

もう、誰も信じない。
もう、騙されない。
再び、ここに誓うよ。

ちょっと治まってた人間不信が一気に復活したことで、恐怖心がアップ。
全ての人が、私を嫌っていて、暖かい言葉をかけながらも“勝手に死ねー!”とか思ってる気がしてならない。
今までのT先生・養護教諭の先生・学年主任・友達の暖かい言葉さえ、今では冷たく感じられる。
言葉だけだったら、文字だけだったら、なんとでも言えるし、書けるもの。

もう一度、感情を捨てたい。
苦しみも、悲しみも、喜びさえも、もう感じたくないんだ。
生きた人形。
それが、いい。
それに、なりたい。


そうそう。
今日、デパケンRを初めて飲んだ。
1日2錠は飲んだ方がいいって言われてたのに、完全に忘れてたんだ。
チラッと思い出した時には、隣に姉がいて、お薬を隠している場所から薬を取ることが出来なくて。
そしてそのまま忘れてたという、ありえないパターン。
お薬を飲み忘れたりするから欝になるんだよね・・。
今日はちゃんと1錠飲んだから、夕食後に、もう1錠飲むのを忘れないようにしようっと。


課題が終わらない、進まない。
今日1日、何も勉強してない・・・。
学生として、終わってる。
人間として終わってるから、学生として終わってるのなんて当然かもしれないけどさ。
いいじゃん、もう。
人間なんて、面倒なだけだから。

ミニバトル

2009.03.29 23:00 candy

今朝、起こされる時、母親とミニバトルした。
学校が始まる時に向けて、なんとか早い時間に起こそうとする母親と、まだベッドでゆっくりしていたい私。
毎度のことながら、キレた時の母親の言葉はキツい。
“怠け者”とか、“怠惰”とか、“わざと起きないだけ”、“そんなに私を困らせたいの!?”とか色々。
仕舞いには
『そんなんじゃ、アンタ1学期のうちに留年決定だからね!
言っておくけど、通信なんてさせないよ!』
だって。
放任主義の家庭に生まれたかったなぁ。。。

もう慣れたから、そんなにショックは受けなかったけど、プチ引きこもりをトイレにて。
約3時間くらいだったかな?
母親はもちろん、父親や姉、家族全員と顔合わせたくない・声聞きたくない・会話したくない、なんて思っちゃったんだもん。
なぜトイレかって言うと、私には1人部屋がないから。
完全に1人になれるのは、トイレとお風呂だけなんだ。

せっかくの春休み。
学校のことを考えずにのんびりできる、貴重な期間。
だけど、家族は学校に関する話題をチラつかせて、いつも私を落とす。
テストだの、課題だの、留年だの。
…久々に死ぬことを、本気で考えちゃったよ。
死ねば全て解決するじゃんって思って。
死ぬことは、逃げかもしれない。
逃げだって言われても、いい。
死にたいんだ。


午前中、ずっと引きこもってた私だけど、トイレの寒さに負けて引きこもり終了。
家出も考えたけど、逃げ込める場所ないって気付いて諦めた。
朝の自分の言葉を忘れたかのように普通に接してくる母親に合わせて、課題に取り組んだ私に自分で拍手したい気分。
英語の長文の問題&全訳を2つと、古文のプリント3枚。
まぁ、課題やるのは当然のことなんだけどさ。


我が儘の証である矛盾

2009.03.28 23:00 candy

今日は、私にしては珍しく、特に何もない1日だった。
昨日・一昨日の内容が濃すぎただけかもしれないけど。
でも、朝からイライラ感が酷かったかな。
ちょっとしたことでイライラして、堪らなかった。
やっぱり、2日も続けて外出したのは、キツかったのかも。

イライラ感が酷かったから、とにかく1人になりたかった。
でも、同時に独りだという感覚から抜け出せなくて。
誰かと繋がっていたくて。
そんな矛盾した気持ちを抱えて、過ごしてた。

自分の傍に人がいると、“1人になりたい”って気持ちで一杯になる。
それでも、独りが怖くて誰かと繋がっているんだと感じたくて、メールしたくなったり。
私の中には、矛盾する正反対の気持ちが、たくさん共存してる。。。
我が儘な性格の証かなぁ?


午後、やらなきゃいけない課題はたくさんあるにも関わらず、なぜか暇人の私はプリ帳を眺めてみたり。
プリクラの美白モードって、実物の100倍くらい肌が綺麗に見える!なんて改めて感動。
実物も、このくらい綺麗な肌だったらいいのに…。

そういえば私、ブログ友達とプリクラ撮ったことないかも。
直接会ったことなんてないから、当然と言えば当然だけど。

考えてみると、ブログを通して知り合った子達はみんな美人&可愛い。
私も、もう少しくらい可愛く生まれたかったな。
最近、オシャレに目覚めたから、そんなことを思ったり思わなかったり。
私が目指すのは、美人系じゃなくて可愛い系!
目指すは“守りたくなるような女の子”。
うん、無理だ!


あー…
課題が進まない…。


ありがとう。

2009.03.27 23:00 candy

昨日、病院へ行くための外出で体力・精神力を共に消費していた私だけど、今日も外出。
今日の外出は、友達と遊ぶため。
このお遊び計画、実は昨日立てられたものなんだ。

昨日、同じクラスでいつもお世話になっている子・リサとメールしてたの。
そしたら、その子が
『春休みなのに、勉強以外にすることがなくて悲しいーー><』
って送ってきたんだ。
そのメールに“やっぱり勉強をしてないのなんて、私くらいで、みんな頑張ってるんだなぁ…”なんてショックを受けつつも
『じゃあ、ショッピングにでも行けばいいじゃーん♪』
と返信した。
そしたら流れ的に、一緒に遊ぼう!ということになったの。
“勉強以外にすることがなくて悲しい”=“遊びに行こう!”って雰囲気だってことくらい、私にも読み取れるし。
リサは、学校にさえもあまり行けていない私を積極的に遊びに誘うことが、私の負担になるんじゃないかって思ってたみたい。
そこまでは良かったの。
勉強をしてないのが私だけだってことについて受けたショックは、こんな私でも一緒に遊びたいと思ってくれる人がいるんだって嬉しさでプラマイゼロになってたから。
問題は、ここから。
『いつがいい?』
というリサからの質問に
『私は暇人だから、いつでもOKだよ~☆』
って返したのが間違いだった。
『じゃあ、明日遊ぼう!!』
って返信が来たから。
……2日連続の外出、私にはかなりキツい…。
でも、リサは私の事情を知ってるし、いつもお世話になってるしってことで、承諾しちゃったの。
私も実際、久々にリサと遊びたかったし。
以前はよく学校帰りにマックやミスドに、一緒に寄ってたんだけど、なにしろ私が学校へ行かないもんだから、それもなくなってたから。


そして、今日。
11時にとある場所にて待ち合わせ。
やっぱり女の子って、制服着てる時と私服の時じゃ、全く雰囲気ちがうよね。
リサと私服で遊ぶのは2回目だけど、“大人っぽい!”なんて思ってしまった。。。

落ち合ってすぐに、プリクラを2機撮った。
女の子の遊びって言ったら、プリクラは欠かせないよねww
プリクラを撮った後は、スタバにて昼食。
昼食を摂った後は、色々お店を見て回って。
歩き疲れたくらいで、再びプリクラを2機。
その後は、おそろいの物を買おう!と言うことでショッピング。
シュシュとブレスレットを、お揃いで買ったんだ。
私は、ずっと欲しかったピンキーリングも。
ショッピングでお揃いのモノを買ったら、
『記念に、プリ撮りたいよねー…。』
ってことで、またまたプリクラを2機。
今日1日で、6回も撮ってしまった。
でも、私服でのプリクラなんてほとんど撮る機会がないから、こんな日もあっていいかなって思ったり。
リサも、同じことを言ってた。
夏休みも冬休みも講習がある高校生にとって、私服で遊べる機会って、すごく貴重なものなんだよね。

はしゃぎすぎて、喉が渇いたから2人してお気に入りになったスタバへ。
飲み物を頼んで、それを飲みながら、たくさんお話した。
その時に、リサが言ったんだ。
『ウチ、友達と遊んでてもさ、長時間になると疲れちゃうこと多いんだよね。
テンションはみんなに合わせてるけど、内心は疲れたーって思ってたりとか。
でも今日は、すごく楽しめた!』
その言葉を聞いて、なんだかとても嬉しくなっちゃった。
こんな私と遊ぶことを、心の底から楽しいと感じてくれる人がいるんだなぁって思ったから。

それからね、私が
『実力テストの勉強を頑張ろうと張り切ってたけど、無理そうー><』
って言ったら、
『ウチだって勉強してないし!
大丈夫だよ~♪
てか、愛結菜はまず、始業式に頑張って定刻に来い!!笑』
だって。
…確かに、テストよりも学校へ行くことが先決だった。
私は、いきなり目標をポーンって高く上げすぎてたのかもしれないね。


今日、リサと遊ぶこと不安だったけど…
遊べてよかったよ。
実を言うと、リサと落ち合う前に私はデパスを2錠投下してたの。
待ってる間、なぜか動悸が激しくなって。。。
それでも心の底から“楽しい”と思いながら遊べたこと、リサのおかげだと思う。


リサは文系の地理選択で、私と同じ。
来年度のクラス、一緒になれるといいな。

今日は、ありがとう。
おそろいのシュシュやブレスレット、一緒に撮ったプリクラや、一緒に選んでくれたピンキーリング。
大切にするよ。


ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。