• home >
  • 2009年05月02日

スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強へと縛りつけてくれるなら

2009.05.02 23:40 candy

今朝、また言われちゃった。
“治す気がない”って…。
母親、少し理解してくれたかと思ったら、また理解していない発言をしたりするから、よく分からないや。
きっと母親も、戸惑っている部分がたくさんあるんだとは思うんだけど。。。
期待しては裏切られって感じかな?
でも、それはお互い様。
私は母親にしてみれば、学校へ行くようになったと思えば休む、そんな子供だもん。
自分のことを棚に上げて、非難なんてしちゃいけないよね。


今日は、2週間ぶりの診察日。
伝えたいことはたくさんあったけど、3割程度しか話せなかった。
母親と先生が会話していた時間の方が、はるかに長かったよ。
…大抵、いつもそうだけど。

今日の診察での母親と先生の会話で、判明した事実は2つ。
1つ目は、Y先生について。
私が欠席した日には、必ず母親に連絡をくれていたんだって。
“自己責任”が口癖で“放任主義”だと自ら言っているY先生。
なんだか、意外だな。
でも、そう言われてみると色々な場面で気にかけて下さっているような気がする。
実は昨日、“居残り勉強”の通知プリントを渡した後、Y先生の視線をいつもより強く感じてたの。
今考えると、私が凹んでいないかを心配して下さっていたのかな、なんて。
自惚れかもしれないけど。

2つ目は、私の手先や足先が異常に冷たかったりすることがあるのは、末端冷え症ではないってこと。
私の手に触れた友達は、大抵“冷たッッ!”か“熱ッッ!”と言う。
温暖な日でも、手先が冷えている時は、爪が紫色になっちゃうほど。
私の母親は、このような状態になっている時に、私がODしたのではないかと疑っていたみたい。
でも、先生の話によると“自律神経のバランスの崩れ”から生じるものなんだとか。
そんなことって、あるんだね。。。
自律神経失調症でもあるまいし…。


本日の診察でのお薬変更は、睡眠薬のみ。
デパスを0.5mgから1.0mgにして貰いたかったけど、説得に失敗して断念せざるを得なかったの。
でも、睡眠薬は…。
初めて、超短期型のものを処方してもらえた。
初診の時に、
『超短期型の睡眠薬は、依存性が強いからねー…』
っておっしゃっていたから、超短期型の眠剤は処方して頂けないって思っていただけに嬉しかったり。
今度こそ、ちゃんと効くといいな。


最近、またまた病院を変えてみようかな、なんて考えていたりする。
前回と違って、先生に不満があるわけじゃないの。
問題は、交通の便が悪いこと。
学校帰りに行くには困難だから、2週間に1度、土曜日に家から通ってる。
土曜日に学校がある日は、まだいい。
でも、今日みたいに学校がお休みの日に、病院のためだけに外出をすること、億劫なんだ。
診察が2週間に1度ってことも、結構辛いし。

私が今、こっそりと調べて目をつけている病院があるの。
そこの病院の先生は、医学博士・精神保健指定医なんだって。
そしてもちろん、精神科専門医。
K高から遠すぎず、近すぎずの位置にあるんだ。
養護教諭の先生も、その病院(及び、院長先生)をよくご存知みたい。
出来れば、GW明けか中間考査明けにでも、1度行ってみたいなって思ってる。
ただ、母親にどう切り出すかっていうのが1番の問題なんだよね。。。
困ったなぁ…。


病院の帰りは、母親とショッピングモールへ。
私が、ほとんど外出したがらないから、“外に出た時にくらい、どこかに行こう!”ってことらしい。
まず、31にてアイスを。
それから靴を見に行って、そこで新しいサンダルを買って貰った。
“洋服も見よう?”って提案については、断固拒否。
今の時期、ほぼ全てが半袖の商品なんだもん。
例え可愛い洋服があって買って貰ったとしても、私は着ることが出来ないから。。。
今年の夏は、半袖の洋服の上に薄手のカーディガンが必須になるだろうな。
仕方ないよね、自分のしたことの結果だし…。


今日の自分は、ほんの少し頑張れたんじゃないかなって思う。
まず、数学科の先生に言われた“課題”となる所まで、三角関数を理解することが出来た。
現代文の試験範囲となっている漢字の勉強もしたし、ライティングの試験範囲である構文の勉強もした。
でもね…。
もっともっと頑張らなくちゃ、試験範囲は終わらない。
終わりが見えないの。
これが、代償。
どうあがいても、埋められない“時間”の差。
やっぱり、辛いよ…。
そして、怖いよ…。
頑張って、そして、望むような結果が出せなかったら?
その時、私は何を想い、何を考え、どんな行動に出るんだろう。
付き纏う、不安。
拭えない、不安。
それが焦燥に変わり、がむしゃらにシャーペンを動かす。
こんなことで、本当にいいのかな。。。
怖いよ……。
“焦らずに、少しずつ”って言葉の魔法は、早くも期限切れみたい。
今日はもう、効果がない。
それでも。
この不安が。
この焦燥感が。
勉強へと縛り付けてくれるのなら…
それも、ありなのかもしれない。


スポンサーサイト

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。