• home >
  • 2009年11月07日

スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わったのは、自分。

2009.11.07 23:33 candy

今朝は9時あたりから何度も母親に起こされては寝てを繰り返し、ついに10時頃に怒られてベッドから起き上がった。
そしてショコラに朝ご飯をあげて、自分は食べずに再び眠りの世界へ。
寝たのが3時過ぎだったから、眠たかったの。
ただ、また寝ているのを見られたら怒られそうだったから、ベッドではなく勉強机に突っ伏しての睡眠だった。
そのまま12時近くまでダラダラと過ごし、昼食を。
昼食を摂っている時、父親が“お金ない”と連発。
最近、多いんだ。
私や姉がいる所で、わざとらしく口にする。
姉は、そんな父親のことを
『子供の前でお金お金って言う親、あんまりいないよね。
呆れるわ。』
って言う。
確かにその通りだよね。
それに、“お金ない”って行ってる張本人が1番無駄遣いしてる気がする。
私ね、悪いと思ってるよ?
通学費だけも、かなりするもんね。
予備校だって行かせてもらってる。
普通なら、いらなかったお金。
私のせいで、余計に払わなければならなくなったお金。
だけど…
何度も何度も言われてると、嫌気だってさすよ。
“お前にお金かけてるせいでお金がない”って言ってるように聞こえるの。
もう、やめてほしい。。。


そんな鬱々な状態のまま、予備校へ。
予備校の先生は優しくて、先週お休みした分の時間をプラスして授業して下さったの。
しかも、
『大丈夫?キツくない?』
と心配もして下さった。
正直、3時間ノンストップ、1対1での授業となるとキツかったけど
『平気です。』
なんて答えつつ、なんとか乗り切った。
お礼を言って、予備校を出ようとしたその時…。
目が合った。
小・中学と一緒で、私が“会いたくない”と強く思う人のうちの1人と。
一瞬だったけど、私が気付いたように、相手も気付いたと思う。
…最悪…。
もう投げ遣りになって、“どうにでもなれ”なんて気分で足早に予備校を後にして。
街に出たところで見かけたのは、制服姿で友達2人と本屋へと入っていく、みかちゃんの姿。
声、かけられなかったよ。
みかちゃんと私との距離が、あまりに遠く感じられたから。
私なんかが声をかけていいのか、分からなかったから。
“いつの間にか、こんなにも距離ができてたんだ”って思い知らされたようで、欝な気分でバスに乗り込んだ。
そして、バスに乗っている間に気付いたの。
“距離が出来たと感じるのは、みかちゃんが変わったからじゃない。私が、変わってしまったんだ”と。
“離れていかないで”なんて思っていたけれど、離れていったのは紛れもない、私自身なのだと。
もうどうしようもなくて、涙が溢れるばかり。
バスが最寄りのバス停に着いても気分は回復せず、家に帰る気分になれなくて、公園に向かった。
昼間は騒がしい公園だけど、夜になると不思議と落ち着ける場所に変わるんだ。

帰宅してからも欝な気分は抜けず、でもやらなくちゃいけないことはたくさんあって。
自分を叱り付けるようにして勉強をした。
私の母親は、私の元気度を“勉強してるかしてないか”ではかってる節がある。
そんな母親の目に、最近の私は“元気”に見えるみたい。
なんだか複雑。
分かってほしいなんて思わないし、分かってもらえるとも思ってはいないけれど。


“家族”って、意味、あるのかな?
私の家族、みんな心バラバラだよ。


スポンサーサイト

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。