• home >
  • 2010年06月17日

スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3度のOD・死んだ目

2010.06.17 23:49 candy

今日もちゃんと学校へと行くことができた。
でも、今日ははじめから終わりまで、キツイとか苦しいとか、そういったモノに支配されていたように思う。
ダルくて、キツくて、なかなかベットから起き上がれなかったけれど
『今日は木曜日だよ!? いいの!?』
という母親の言葉に、起き上がった。
木曜日はね、もう休めないんだ。
前期が終わるまで、1度でも休んだらアウトなの。
だから、、、自分を叱りつけながらも家を出た。
学校の最寄の駅に着いてからもダルさは相変わらずで、“卒業したいんでしょ?行かなくちゃ”と自分に言い聞かせて一歩一歩進めていった。
ゆっくりとしたペースだったからか、いつも以上に時間がかかっちゃったよ。。。

学校につくと、提出物を出すためにS先生の元へ。
S先生はいつものように明るく元気に話しかけて下さったけれど、私は笑っているか笑っていないのか分からないくらい微妙な笑みを浮かべることしか出来なかった。
そんな私に
『どうかした? キツそうだけど…。』
とおっしゃったS先生。
誰が見ても、あの時の私は“元気”という感じではなかっただろうけれど、私は
『元気ですよ?』
と、精一杯の笑顔を浮かべて“どうしてですか?”とでも言うように、軽く首を傾げてみせた。
そんな私に苦笑いをして
『元気、じゃなくて、空元気、でしょ?』
って。
大当たりだったけれど
『そんなことないですよ!
本当に元気です♪』
と強がりな発言をしつつ、授業がある教室へ行くために先生の元を去った。

午前中の授業をなんとか受け終えると、走って、屋上へ続く8階の立ち入り禁止区域へと。
辛い時や苦しい時、やりきれない思いがある時、時間があれば決まってそこへ行く私。
もちろん、立ち入り禁止になっている場所だから、罪悪感がないわけではないのだけれど。。。
そしてその場所で、色々なことを思った。
消えてしまいたいって。
何もかも投げ捨てたいって。
私は私だけど私じゃないって。
それから、独りでいたいと、誰とも関わりたくないと感じた。
だけど温もりが恋しいくもあった。
S先生、M先生、ほのか、みかちゃんをはじめとする人達。。。
…矛盾した想いが交差していたんだ。
それから、色んなことを考えたりもしたの。
私は誰なのか、私の本心は何なのか、私の身体・魂ではなく、ココロはどこにあるのか、など。
ココロなんて、ない方が楽でいいけれど…。
そして、こう感じた。
私には、1人が、独りが、1番よく似合っている、と。
そう認識したら、虚しくなって、気づいたらお薬ケースに手を伸ばしてODしてた。
でも、これといった変化は感じられず、階下から聞こえてくる笑い声・話し声をぼんやりと聞いていたんだ。
そしたら…。
なぜか、無性に会いたくなったの。
S先生に。
だから、会いに行ったんだ。
職員室のS先生のところへ。
何を言うかとか、先生のところへ言った理由を何にしようかとか、そんなことは一切考えていなくて。
そんな私が、S先生へ行った言葉は
『先生、帰りたい……。』
だった。
俯いてそう言った私に頷いて、S先生が素早く私の次の授業が単位が危なくないかどうかを調べ出した中、私はただただ自分の発言に驚くばかりだった。
“帰りたい”なんて、私思っていたの…?
しかも敬語じゃないなんて…。
ダメだって思った。
しっかりしなくちゃって。
強くいなくちゃって。
明るくいなくちゃって。
だから、
『すみません、嘘です(笑)
ちゃんと授業、出ますよ~♪』
と出来るだけ明るい声を出した。
『…保健室で休んでいてもいいよ?』
との提案にも
『大丈夫ですよ! 元気ですから!』
それって答えた。
そんな私の目を、S先生はじっと見つめて。
『…なにか、薬飲んだ?』
…………!?
内心ドキリとしながらも、バラしてはいけないと思い
『え~? なんでそうなるんですか、もう~!!笑
じゃあ、私、授業行きますね!』
と会話を打ち切り、
『ホントに大丈夫?
受けられる?』
って何度もS先生に言われながらも職員室を後にした。
後から聞いた話では、あの時の私は、目が死んでいた・焦点があっていないような気がしたらしい。
自分ではODの影響が出ていないと思っていても、傍から見ると意外と変化があるのかもね。

それからすぐに数Ⅱの授業を受けに教室へ行ったけれど、堕ちるばかりで。
90分授業の残り15分くらいになったところで、我慢できなくなり授業中にも関わらずODをした。
死にたいとか消えたいとか、そういった考えだけしか頭になかった。
そのような考えに、支配されていたの。
だからか、授業終了後、この日3度目のODをして、駿台へと向かった。
無事に駿台へついた私は、やはりODの影響があったのだろうか、人生の中で初めて水ぽちゃをしてしまったの。
慌ててタオルで拭き、“壊れていませんように”と願うも虚しく、電源はつかなかった。
それでも諦めきれず、1人格闘していると、授業をするために教室へ入ってきた先生に
『どうしたの!?』
と尋ねられ、事情を説明すると
『近くにドコモショップあるよね!?
今から行って来なよ!
早いほうが絶対いいって!』
と言われ、ドコモショップへと行くことにした。
店員さんに調べてもらったところ、FOMAカードとSDは無事だけれど、本体はもう使えないとのこと。
K高に合格した時に買ってもらった携帯…
ダメにしちゃった。。。
ただでさえ堕ち気味だったのに、更に凹んでしまった私。
大切な、大切な思い出が、写真が、言葉が、なくなってしまったのだから。
プリクラをSDに保存していたのは、不幸中の幸い、かな…。
私の家族は、DoCoMoの保険らしきものに入っていたらしく、土曜日、遅くとも日曜日までには、今までと全く同じ携帯を貰えるんだって。
もちろんタダではないけれど、保険のおかげで随分安くてすむみたい。
電話帳や写真・メールも有料ではあるけれど、70%の確率で復旧できるとか。
どうか、その中に入りますように…。
電話帳は、事情を説明して友達に聞きまわり、再び作りあげていけばいいけれど、写真やメールはそういうわけにはいかないもの。
暖かいあの時の言葉、涙が思わず溢れたような内容のメール。
全て全て、なくなってしまうなんて、耐えられないよ。。。

駿台の授業があっている教室へ戻ると、
『おぉ! 良かった! 帰って来た!!』
と、先生。
どうやら、私が帰ってくるのが遅かったために、迷っているのではないかと心配していた様子。
私は駿台付近に住んでおらず、かなり遠くから通っているから…。
授業後、先生にお礼と謝罪をしに講師室へ行った。
お礼は、授業中なのにショップへと行かせてくれたから。
謝罪は、先週も先々週も、授業を休んでしまったから。
『体調悪かった?』
という問いに、ごくごく軽くではあるけれど、日曜日の出来事を話し、学校の中間考査も受けることが出来なかったことを説明した。
それから、
『微積分って、とても大事なところなのに、先生の授業聞けなくてすごく残念です。
休んだのは私なので、自業自得ですが…。』
と言うと
『来週さ、少し早めにおいでよ。
教えるよ?
それから夏休みも、空いた時間には教えるから。』
と言って下さった。
私に授業時間外で教えても、先生には何の得もないのにね。
…ありがとうございます。
その優しさに報いるよう、頑張るよ…。


スポンサーサイト

テーマ:リスカ・OD・自発嘔吐 - ジャンル:心と身体

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。