• home >
  • 2010年06月19日

スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かけがえのないもの

2010.06.19 23:49 candy

金曜日、記事を書き終えた頃にS先生から電話がかかってきた。
もう見捨てられたと思っていた私が驚きつつも電話に出ると
『あー…いた!! いたよ~!!』
と。
S先生は、
『S先生、ごめんなさい。』
って送られてきたメールに不安を感じていたみたい。
それから1時間18分51秒、ずっとお話をしていた。
『どんな貴方でも、貴方は貴方だから。』
と言われた時には、思わず涙がこぼれた。
私は、見捨てられたわけじゃなかったんだ、と……。


木曜日に水ぽちゃして携帯のデータが飛んでしまった私。
微かな希望を抱きつつ新たな携帯が届いたので、Docomoショップへと行った。
だけど水に浸かった携帯の状態は予想以上に悪く、電源が点いても一瞬だけで切れる、ボタン操作がきかない、そんな状態だった。
その携帯からデータを引き出すには、本部の方へ携帯を送り、そこで解体しなければならないとのこと。
それでもデータは引き出せるか分からないし、例え引き出せたとしても、1部だけかもしれないし、作業には短くとも2~3週間はかかるらしい。
データが飛んでしまったこと、それがもう戻らないかもしれないこと、それらは木曜日から堕ちつつも少しずつ受け止めることができていた。
でも…。
『ちなみに、解体するので、こちら(水に浸かった)携帯はお返しできませんが、よろしいですか?』
その一言に、私は固まってしまった。
一緒にショップへと行っていた母親は、
『大丈夫です。』
と普通に答えていたけれど、私にとっては一大事。
母親はきっと、今までの傷だらけの携帯から、同じ機種・同じ色で新品の携帯になるのだから、嬉しいのではないかと考えていたのだと思う。
だけどね、私にとっては違うんだ。
たくさん落としたり、場合によっては投げつけてしまったりして、傷だらけの携帯だけど、大切な携帯だった。
K高に合格した時に買ってもらった、大切なモノ。
どんな時も持ち歩き、悲しい時間も楽しい時間も共有していたモノ。
“携帯とそんなものを共有できるなんて”と思われるかもしれないけれど、それでも私にとってはかけがえのないモノなの。
以前よりK高に対するこだわりが薄れている私は、K高に合格した時だから、というのがショックだったわけじゃないよ?
だって、私は初めて買ってもらった携帯も、中学に合格した時に買った携帯も、姉の合格と共に買ってもらった携帯も、全てまだ大切に保管してる。
水ポチャした携帯も含めた4つの携帯全てがピンク色なのも私らしさの象徴だし、それらの携帯についてある傷にしても、
『あの時、バスに間に合うようにと全力疾走して、ポケットから道路に勢いよく落ちてしまった傷だ。』
とか
『なりすましメールや、ひっきりなしにかかってくる非通知からの着信に苛立って、壁に投げつけた時の傷だ。』
とか
『アラームとして携帯を使っていて、目をつぶったまま手探りでアラームをOFFにしようとした時に、ベットから落とした傷だ。』
っていう風に、1つ1つ思い出がある。
もちろん全てを覚えている訳ではないし、いい思い出ばかりではないけれど。
それが、水に落としてしまった、なんて失態で、戻らないモノとなるのは私にとって辛すぎることだったの。
店員さんと母親が話を続けている中、私はショップから出て、裏路地に座り込んだ。
涙が溢れてとまらなかったの。
データから思い返せる思い出だけでなく、“存在”で思い返せる思い出も失ってしまった…。
座り込んで涙する私に、具合が悪くて座り込んでいると思ったのか、1人の男性が
『…大丈夫ですか?』
と声をかけて下さって。
その暖かさに、また泣けた。


ねぇ、お母さん。
同じ機種・同じ色、全く同じ携帯でも、私にとっては同じじゃないんだよ…。

自分の不注意が招いたこと。
それだけに、余計、苦しい。


スポンサーサイト

大切なモノ

2010.06.19 22:26 candy



大切なモノは
いつも指先 かすめてく

手を伸ばし 掴もうとする度
その手は 空を掴む

決して 掴むことのできないそれは
穏やかに吹く 風のよう


穏やかな風は 暖かく 優しく
私を包み込む

それ故に 残酷で
それ故に 苦しくて

いつしか 手を伸ばすことを
忘れてしまった


そして 大切なモノは
再び 目の前を通り過ぎる

微かな優しさと 鋭い痛みを
その場に 残して







テーマ:感謝をこめて - ジャンル:心と身体

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。