• home >
  • 2010年06月28日

スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何もいらない、だから何も奪わないで。

2010.06.28 23:50 candy

眠れない・眠れないって思いながらベットでウダウダしているうちに朝が来た。
眠っていないのだから、当然私は起きている訳で、“起きれない”ってことはなかったけれど、母親が起こしに来ても私は起き上がらなかった。
学校には行けない、って思ったの。
学校に行けば、必ず今後の話になるだろうから。
今後どうしようかということが決められていない、まだ混乱した状態のまま行くわけにはいかないって。
だけど母親は、やけに必死に起こそうとしてた。
日曜日には駿台の授業があったのに、声すらかけなかった母親が。
S先生なり、M先生なりと話し合って、今後のことを決めてほしいと思っているのだろうなって感じつつも、どうしてもイライラしてしまう。
だって、そんなに簡単に決められるようなことじゃないじゃん?
昨年度の私なら、“卒業できないのなら辞める”と、即決していたかもしれないけれど…
今年度の私は、高校卒業という肩書きが欲しいからとか、大学受験資格が欲しいからとか、そんな理由で動いていたわけじゃないもの。
もちろん、それも確かにあるけれど、S高を好きだと本当に思えるようになった今、簡単に決断なんてできないよ。。。
ねぇ、好きにならなければ、好きだと思えないままだったら良かったのかな。
そしたらこんなに辛くはなかったよね。
悩まなくてよかったよね。
自分がどうしたいのかが分からない。
余計な感情に振り回されて、考えようとしても途中で思考回路がストップしてしまう。
そんな中で、
『愛結菜のしたいようにすればいい。』
と言いつつも、目で、態度で、何かを訴えてくるような両親への苛立ちがつのる。
八つ当たりだと分かっているけれど、
『言いたいことがあるなら言えばいいじゃない!
今までと同じように、“こうしてほしい”“こうするべきだ”ってハッキリ言えば!?』
って心の中で何度も叫んでいたり。

何もしたくない。
何も考えなくない。
何も感じたくない。
大切なものはいつも、指先かすめてく。
その度に堕ちて堕ちて堕ちて、這い上がって、そしてまた堕ちて。
何度繰り返せばいいの。
もうたくさん。
“試練は乗り越えられる人にしか訪れない”なんて絶対にウソ。
私にはもう乗り越えられないし、乗り越える元気も、乗り越えようと思える気力さえも残ってないよ。

涙溢れる。
私が失ってきたものを思うと、冷たい冷たい雫が流れ落ちてくるの。
これから先、私はあとどれだけのものを失わなければならないのかな。
失うのなら、はじめからいらないよ。
これ以上は耐えられないから。
限界。


明日、できれば学校へ行こう。
現実を受け入れられなくても、今後のことを見つめなくてはならないシビアな世界。。。
1人で答えなんて出せそうにもないから、ほんの少しだけ、助言を求めてみたいんだ。
返ってくる返答は、予測出来るけれど…。


スポンサーサイト

テーマ:壊れそうな心 - ジャンル:心と身体

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。