スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒濤の5時間半

2010.08.14 23:31 candy

『ヤバイ!時間!バイト!』
と勢い良く飛び起きた、今日。
実際の時間は7時過ぎたばかりだったのに、私の意識の中では昼過ぎだったの。
遅刻を、しかも無連絡でしてしまったと思い込んでいて、本当に焦った。
バイトに遅刻する夢でも見ていたのかな。
最近、7時過ぎに決まって1度目が覚めるけれど、思い返してみると、いつも“目覚めた”というより“飛び起きた”という感じだった。
よほど、自分がバイトに遅刻してしまうことを恐れているんだね。。。

実は私、バイトを始めることを親に打ち明けたのは採用が決定してからで。
その時に
『“仕事”があれば、朝も起きれるようになって、昼夜逆転が治るかもしれないでしょ?』
と母親に言い、
『そんなことあるわけないじゃん(苦笑)』
って言われたの。
でも今、理由はどうあれ、朝に目が覚めるようになっているのだから、予想は外れてなかったと思ってもいいよね。
ただ、夜はやっぱり眠れず、睡眠時間が減ってしまっているのが難点。
それでも。
今朝、家でバイトへ行く前に英単の勉強をした自分を考えると、プラスマイナス0…
ううん、プラスになると思う。
休みの日に朝から家で勉強するなんて、1年以上なかったことだから、ね。


9時40分頃、自転車でバイト先へと出発。
今日は、10時30分から16時までの中で、浮いたり沈んだりしてたかな。
沈んだきっかけは、人間関係。
私がナニカをされたわけでも、言われたわけでもないけれど…
ある方への明らかに刺が入った発言を、本人がいるにも関わらず、わざと聞こえるようにした方がいて。
その時の周囲の言い様のない空気、雰囲気が感じ取れて。
“あぁ、、こういうこと、あるんだ…”と凹んだ。
いつ、何度感じても、誰に対してのものでも、苦手な空気。
それに触れて、フラッシュバックしかけてたのかも。

次にさらに凹んだのは、自分自身の問題。
あまりに仕事が出来なくて、情けなかった。
私を含めて10人働いている時よりも、私がいない9人の方が素早くできるのではないか、と考えたり。
『はじめはみんなそうだよ。』
『最初なんだから、仕方ないよ。』
と言われるけれど、足を引っ張っている自分が許せず…
必死になるけれど空回りしては同じことを繰返し注意される。
覚えが悪いのかな。。。

凹んで凹んで、泣きそうになっていた時間帯もあったけれど、なんとか持ちなおして。
5時間半、乗り切れたよ。
足腰、そして何より喉が痛かった。
ずっとカウンターをしていた、つまりずっと話をしていたから。
普段、会話をあまりしない分、喉に一気に負担がかかっちゃったんだろうね。
アップする直前、今日トレーニングをして下さった方のうちの1人とお話。
これからの目標とから注意するべき点などについて。
その中で、
『センスあると思うよ!』
と言ってもらえて嬉しかった。
単純だと思われるかもしれないけれど、ミスの連発で呆れられたかもしれないと不安に感じていただけに、ね。

お話が終わってアップしようとした時、もう1人の方と目が合って
『お疲れ様です。
今日はありがとうございました。』
と言ったの。
正直に言うと、その方に私は嫌われているんじゃないかと思っていて、苦手意識があったんだ。
だけど、お礼を言うと普通に笑いかけて下さって、ちょっと意外だった。
私が勝手に苦手意識を膨らませていただけなのかな…?

5時間半、本当にキツかったけど、やりがいはあった。
店長から
『今日1日で大分慣れたんじゃない?』
と言われた時
『はい☆』
って笑顔で答えられたよ。
次のバイトは火曜日で、日曜・月曜と入っていないから、忘れてしまわないか心配だけど。


アップした後は、社員さんと雑談して、それからスタバに行って勉強を。
疲れていたけれど、勉強をしない理由にバイトを使いたくなかったし。
それに、1度甘えてしまうと、またずるずると引きずりそうな気がしたんだ。
結局、ノルマをこなすことは出来なかったんだけどね。
だけど今日は、自分を責めないでいてもいいかな。。。


甘えに対する慣れ

2010.08.12 23:23 candy

不眠、不眠、不眠。
とにかく眠ろうと思い、まず不眠時頓服のリスミーを投下し、次にハルシオン1錠。
それでもダメで、ハルシオン2錠追加し、3錠にして。
最後はアモバン1錠。
だけど結局、一睡もしないまま朝を迎えてしまった。
今日はバイトも駿台もあるというのに…。
母親は、会社へ出かける前に、私の目の前に指を2本立てて
『これ何本?』
と。
朝の7時頃から少しずつ墜ちていっていた私は、冷めた感じで
『2本だけど、、、それが?』
って返した。
すると、
『なんか焦点があってなかったような気がして。』
“あぁ、ODしたと思われたんだな”と思いつつ
『別に普通。』
とだけ言った。
確かに考えてみると、明らかに飲み過ぎてる。
だけど、1度にたくさん飲んだわけじゃないし、純粋に眠るために飲んだわけだから、私の中ではODではなかったんだ。
それでも母親から見ると、ODした時の様子だったらしく、バイトのことを心配したみたい。
ODで訳が分からないまま、問題を起こしてしまうんじゃないかって。
言われた時は、“ODしてないのに疑われた”と思い、少しカリカリしてたけど、疑われて当然だったと今は思う。
ところどころ記憶が曖昧だしね。
母親ではないけれど、曖昧になっている記憶の中で、バイト先で変な行動をしていないかがすごく不安。
失礼な態度をとってないか、とか、新しいことを教わったのを忘れてしまってはいないか、とか。
想像するだけで恐ろしいよ。。。
今後、午前中からシフト入っている時は、眠れなくても不眠時頓服だけしか飲まないようにしよう…。


バイト約1時間前に、リポビタンDを飲んでから出発。
バイト先までは自転車で。
到着したら、制服に着替えてから来週のシフトを確認した。
『………ぇ!?』
来週は、希望スケジュールを出す時にOFF(IN不可)としていた月曜日と木曜日を除いて、長時間で入ってたの。
5時間半・5時間半・4時間・5時間・5時間。
OFFの日以外は、全部FREE(何時から何時まででもIN可能)で提出したのが間違えだったかな…。
しかも、5時間半ってすごく微妙。
6時間なら、途中で1時間休憩もらえるのに。
6時間未満でも30分の休憩をもらえるらしいけれど、それが何時間からかは不明。
休憩なしでお昼を挟むシフトはキツいよ。
お腹が空いている時、マックの匂いが漂う中で仕事をするなんて、ね。
もちろんお昼がピークになるから、休憩をもらえるにしても2時までは無理なんだけど。

今日はちゃんと5分前にはINをして、すぐにカウンターをば。
マネージャーは私を見ると
『あれ?今日は化粧してるー♪』
って。
普段はしないからなぁ…。
マックに化粧をしていったのは初めてだし。
やっぱり、薬の影響で行動も普段と違っていたのかも。
その後の記憶は飛び飛びで、覚えているのは、マネージャーに促されてからだけでなく、自らサジェストを行ったことで
『そうそう、そんな感じ!いいよ!』
とマネージャーに言われ、他の社員の方にも
『すごいじゃん!』
と言われたり、手洗いをしていた時に
『サジェスト頑張ってたね~。』
と言われて嬉しかったことくらい。
仕事中の記憶はそれだけ。
要は、都合のいいことしか覚えてないってことなんだろうな。
ダメじゃん。
…変なこと、してないといいけど。。。

アップした後、ちょうど休憩中だった男性社員の方とお話した。
その中で
『何歳だっけ?18?19?』
と尋ねられたから
『18です。見えないですよね(苦笑)』
と言うと、予想はしていたけれど
『うん、見えない!』
って言われ、“やっぱり中学生くらいにしか見えないのかぁ”と凹みかけていたら
『大学生かと思った。』
と。
思わず、
『えぇ!?』
って言っちゃったよ。
歳上に見られたのは、多分生まれてはじめて。
私にとっては、貴重な経験だ…。


バイトが終わってからは、スタバに行って勉強をした。
したのだけれど…
自分に甘くなった自分を実感して、情けなくなったよ。
“頑張った”の基準が低い。
定めた1日のノルマをこなしただけで満足して、時間があっても更に進めようとはせず、“もういいか”と妥協する。
4時間で集中が切れる、と言うより、勉強することに飽きる。
…甘えてるね、完全に。
甘えることに慣れてしまったのだろうか。


『昔の自分には、もう戻れないのは明らか。
だから私は、新たな自分を作りたい。
好き、とまではいかなくても、嫌いではなくなれるように。』
旧ブログに書いてあった、2年前の7月末の私の言葉。
まだまだ、そんな風にはなれそうもないね。。。。


蓄積された疲労

2010.08.11 23:43 candy

昨夜、マネージャーから携帯に電話が。
23時半頃、携帯を開いたら不在着信があったの。
登録していない番号からだったから、少し“?”となりつつも電話したら、マネージャーで。
木曜日にもシフトが入っていたのを、見落としていたことが判明した。
土曜日までシフト入ってないと思い込んでたよ。
危ないところだった…。
今度から気をつけなくちゃ。


今日は、午前から夕方にかけて、眠っては起きてを繰り返してた。
疲れている、なんて、自分では少しも感じていなかったのに、ずいぶんと疲れが蓄まっていたみたい。
最近、極端に睡眠時間が減っていたのに加え、新しい環境での気疲れと体力的な疲れがあったんだろうなぁ…。
なんとか昼頃に起き上がって昼食を摂るも、再びダウン。
そして、駿台に行かなければならない時間になっても、回復することが出来なかった。
どうして私はこんな風なんだろう?
どうしてマトモなことが出来ないの?
バイトを始めた。
2ヶ月ほどノータッチだった勉強を、2日前から再び始めた。
それが何?
勉強を始めたと言っても、一昨日は30分、昨日は1時間だけじゃない。
バイトだって、助けられたり迷惑かけたりするばかりで、私は何の役にも立ててない。
それなのに
『まだ1週間目し、気にしなくていいよ。』
とか
『オリエンテーション、やらずにいきなりインさせてるからね。
仕方ないよ。』
とか、優しく接して下さるような、恵まれた仕事環境にいる。
それでいて、自分を保てないのは甘えている証拠だ。
何やってるの、私…。
変わりたいんじゃなかったの?
口先だけだった?
いい加減にしなよ…!
これ以上甘えてどうするの!?
自分で自分を叱咤し、ようやく起き上がれたのは、5時少し前。
当然のことながら、駿台の授業には間に合わない。
乗り換えをする駅まで行ったものの、“今から向かっても、行ってすぐに帰ることになるだろうな”と思い、行くのを止めた。
その代わりに、駅付近にあるスタバへ行って、勉強を少し。
私から私への、せめてもの償いだったんだ。

切りたいと思った。
強く強く、思った。
だけど、明日はバイト。
いつもジャンボサイズの絆創膏はしているけれど、切ってしまえば絆創膏だけでは処置できない。
切る時の深さの認識が、すっかり変わってしまっているから。
でも包帯を巻いてインするのは不可能。
マックでは、1時間に1度、必ず手先から肘まで、念入りに手洗いを行わなきゃならないし。
…切れない、、、ね。


『元気になったね!』
と色々な人から言ってもらえて、自分自身も前に進もうという気持ちになれていて。
“私はもう大丈夫”と、思っていたんだ。
だけど、そんなに甘くはなかったね。
そう言えば、4月中旬から6月上旬までも、同じように思ってた。
“大丈夫”って。
“前に進める”って。
でも、崩れた。
またそうなるのかな。
もしかしたら、すでに崩れ始めてる?
…もう、繰り返すのはイヤだよ。。。


明日のバイト、大丈夫かな…。


元気か否か

2010.08.10 23:02 candy

今日は朝の10時からバイトだった。
普通、10時からだったら、10時5分前に準備を終え、インしなくちゃならない。
だから余裕を持って家を出て、30分前にはそのショッピングモールに着いてたの。
でも。
ショッピングモールの開店時間は10時。
当然、中には入れない。
従業員入り口というものがあるとは聞いていたけれど、まだ社員証を持っていないから、そこから入ることは出来ないし…
慌ててマックに電話をしたけれど、準備で忙しいのか、10時前の電話は繋がらないようになっているのか、誰もでらず。
“どうしよう”と思い、ウロウロしているうちに時間はどんどん過ぎていき、ついに9時50分になってしまった。
その時、携帯が鳴って。
見てみると、マックからだった。
急いで電話に出ると、それはマネージャーからで、中に入れないことを伝えると
『やっぱり!?
従業員入り口の前で待っててもらえる?
私、今からそこに行くから!』
と。
そしてマネージャーさんが来て下さり、マック内へと辿りついたのは10時5分前。
『おはよう^^』
との声に視線を向けると、なんとそこには店長さんが。
『おはようございます。』
と挨拶を返すと、
『気にしないでいいよ~。』
って。
どうやら私、“どうしよう”って気持ちが表情になって表れてたみたい。
『はじめの1週間は、全然気にしなくていいんだから!』
…1週間??
今週は今日2時間と、土曜日6時間で終わり。
1週間ということは、合計8時間である程度こなせるようにならなきゃいけないってこと。
“大丈夫かなぁ”と不安に思いつつも、時間がないから急いで着替えを。
結局インできたのは、10時を5分過ぎた頃だった。
5分とはいえ、遅刻は遅刻。
2日目にして遅刻なんて、情けないね…。
昨日のうちに、従業員入り口のことをマネージャーに尋ねておくべきだったんだ。。。

インしようと、マネージャーと一緒に手洗いをしていた時、店長が
『ちょっと!! チャックあいてる!!』
とマネージャーに。
『えっ…!? あ…。 すみません><』
慌てていると、店長は
『もー!(笑) そんなんでお客様の前に立たないでよ?』
って笑いながら
『ちゃんと見ててあげて?
よろしくね!(笑)』
とポンッと軽く頭に触れて、私に。
マネージャー、天然なのかなぁ?
可愛い……。

その後は、ひたすらカウンターのお仕事。
昨日よりは随分とマシになったかな。
マネージャーも褒めて下さって、嬉しかった。
早く完璧に近づけるように、頑張らなくちゃ。


2時間のバイトはあっという間に終わり、向かうは駿台。
授業が始まるまで、1時間余裕があったから、自習をして、10分前に講義のある教室へ。
テキストをぼんやりと眺めていると、通常授業時にお世話になっているCLのうちの1人が、私が座っていた座席のところまで来て
『久しぶり! 試験どうだった?』
と。
『意外と大丈夫でした!
結果はまだ分かりませんが、多分合格できると思います。』
って返事をすると
『そっか! よかった~!!
…受験、どうする?』
んん?
私、CLに学校で単位を落としたこと、今年度卒業できないこと、話してなかった気が…。
きっと、前期最終日にODしてフラフラになってた時、話したんだろうな。
その時の記憶、全然ないけれど。。。
『受験は、、、今年は行きたい大学には絶対に合格できないと思うんです。
でも“どこでもいいから進学する”とまでにいは妥協できないし、したくないしで、来年度にかけようかな、って考えてます。
もし可能なら、今年度もどこか1校だけでも受験して、大学入試の雰囲気を経験しておくのも手かな、とは思うんですけど…。』
そしたらCLは
『私は、もしも絶対受からないだろうと思っても、行きたい大学の受験はしていた方がいいと思うよ。
受験するとなると、ウソみたいだけれど直前までの知識量は、2倍近くまで跳ね上がるから。』
…確かに…。
でも、第1志望から第8まで考えても、全て関東圏にある私立大学になるからなぁ。。。
受験するだけでも大分お金がかかる。
受からないと分かっている受験のために、お金をかけてもいいのかどうか。
それからもう1つ。
十分な実力がないのに本命大学を受験をして、実力のなさを思い知ったら、“1年じゃたりない”と思って、焦りから空回りをしてしまいそうで怖い。
…悩みどころだなぁ。

そうそう。
CLにね、
『元気になったね!』
って言われたの。
この前、講師の先生にも
『元気そう!』
と言われたし、私、元気になったのかな。
ある人から見ると、精一杯明るく振舞っているから、らしいけれど、自分でもどっちなのか分からない。
死にたいと思うこともあるし、自傷衝動も相変わらずあるのは事実で。
だけど、前よりも自然に笑えているような気がするのも確かで。
…自分自身のこと、自分でも把握できないや。


明日はバイトはなし。
ここのところ、3時間足らずの睡眠しかとれていなかったけど、明日はゆっくり寝ていられるね。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

初バイト!

2010.08.09 23:58 candy

今日はマックでの初バイト日だった。
4時から7時までの3時間。
前に進みたいと思えた日から、わりと安定していたけれど、一昨日、一気に墜ちてしまって。
少しずつ持ち直してはいたけれど、新しい場所に飛び込んでいける状態とは言えなかったから、すごく不安だった。
不眠も相変わらずで、3時間弱しか眠れていなかったし、おまけに酷い雨。
窓の外を見ていると、それだけでテンションが下がって何もしたくなくなってしまう。
そんな自分に気付いて、バイトの時間までまだ余裕があったけれど、出かけることにした。
マックが入っているショッピングモールへ着いたら、飲食店コーナーの一角、カウンター席に座って数学を。
周りはうるさくて、とても勉強をするような環境ではなかったけれど、ただ迫ってくるバイトの時間を何もせずに待っているより落ち着けると思ったの。

30前後勉強したら、いよいよバイトの時間に。
ドキドキしながら中に入ると、すぐにマネージャーと目が合って
『おはよー!』
と言って下さった。
そしたら、ちょうど休憩中だった同年代らしい人達とマネージャーと同年代らしい方が、それぞれ名乗ってくれて。
『海月愛結菜です。
よろしくお願いします。』
と私が返すと
『愛結菜!?
名前同じ!?』
と言いながら、私とマネージャーを見比べてた。
『“愛結菜ちゃん”って呼んだら、2人同時に返事したりしてね(笑)』
と1人が言うと
『じゃあ私、今日から愛結菜じゃなくなるww』
ってマネージャーが。
『え、じゃあ何になるんですか?』
と他の1人が尋ねると
『結菜?笑』
『この際、菜でいいんじゃない?』
『それはダメですよ!
呼びにくいです!』
などと口々に。
なんだか面白くて、緊張がほぐれたよ。

4時になると、マネージャーから今日することの説明を受けた。
『普通は、初日からインしたりはしないんだけど…
夏休み中で忙しいし、今日から早速インするよ!
即戦力、みたいな感じで(笑)』
…………。
その言葉通り、カウンターをやったよ。
もちろん1人ではなく、マネージャーがついていて下さったけれど、大変だった。
私、マックにはよく行くけれど、決まったメニューしか注文しないから、他のメニューをほとんど知らないの。
その上に、パネルの配置も把握できていないから、時間がかかるかかる。。。
それでも1度言われたことは2度言われないよう、頑張ってた。
でも、連続で注意されたことがあって。
それは
『レシート渡す時、両手でね。』
ってこと。
なんでもないことだけど、私にはこれが1番難しかった。
リスカ痕を隠すためや、リスカ直後に傷が開くのを避けるために、左手をあまり使わない、人目につかないような動作をいつもしていた私。
今ではそれを、反射的に行ってる。
ましてや相手がお客様となると、いつも以上にそうなってしまう。
だから、両手で差し出そうとしても、無意識のうちに、途中で左手だけ引っ込めちゃうんだ。
もちろん傷は隠してた。
1時間に1度、肘あたりまで念入りに洗う“手洗い”を行うくらい徹底している中で、包帯は巻けないから、私が知るかぎりで1番大きな絆創膏を貼ってたの。
でも、手首から肘あたりまで隙間なくある傷を、全て隠せるわけがない。
果たして、お客様にそんな腕を差し出していいのだろうか。
マネージャーは何もおっしゃらなかったけれど、きっと気付いてる。
手洗いの指導を受けたんだ、隠しきれなかった傷を見られていないはずがないよね。
ある程度離れていたって、分かるくらいだし。
それでも両手、と注意されたのだから、大丈夫と思っていいのかな。

……あぁ。
綺麗な腕に、戻したい。。。


明日は10時から12時まで、バイト。
それから駿台。
頑張らなくちゃね。
マネージャーがおっしゃってた。
『“自分に負けたくない”、“こんなことではへこたれない”、そう思って頑張ったんだ。』
って。
私も、自分に負けたくないよ。
バイトも勉強も、全部全部。


ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。