スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みかちゃんとの再会

2010.01.24 23:30 candy

進研模試2日目。
今日は学校付近の街まで用事があるという両親に、学校まで送ってもらった。
本日は数学のみの1教科で、昨日の模試の出来栄えから自分で想像していたよりは出来たと思う。
まぁ、私が選択したのは数学Aで、数学Bの試験問題じゃないから、割りと簡単な作りになっているというのも、理由の1つではあるんだろうけど。

120分の試験を終え、自己採点用の冊子をもらうと足早に学校を後にした私。
“みかちゃんともうすぐ会える”という気持ちが、自然と私の足を早く動かしたの。
どんなに早く歩いたって、電車が来る時刻は変わらないのにね。
電車の中では、進研模試2日分の自己採点をした。
結果は撃沈。
今回の模試から、国語・数学・英語の3科目は200点満点だったんだけれど、100点越えをしているのが数学だけだという悲惨な結果だった。
これじゃあ、11月に受けた模試よりもさらに最悪な結果になってしまうよ・・・。
自分のダメさ加減に嫌気が差し、人目さえなければ泣いてしまっていたと思うし、形成外科に通院中ということがなければ、リスカしていただろうし、みかちゃんに会う約束がなければODしてしまっていたと思う。
“久しぶりに会える”ということでウキウキしていた気分は、“こんなテンションで会って大丈夫なんだろうか”という不安に変わっていた。
もんもんとした気分のまま待ち合わせの駅へと到着。
駅の改札口を出ると、たくさんの人に紛れて私服姿のみかちゃんがいた。
みかちゃんはすぐに私に気付いてくれて、手を振ってくれたの。
私はというと、人目も気にせずに走りより、抱きついてしまったり。
でもみかちゃんは拒否することなく受け入れてくれて、ギューっとし返してくれた。
久しぶりに生で感じるみかちゃんの暖かさ。
“あぁ、本当にみかちゃんなんだなぁ”って感じたよ。

駅のホームで感動の再会をした後、駅の近くにあるマックへと足を運んだ。
マックへと歩いて行く時、私とみかちゃんはどちらともなく手を繋いでて。
それが、今まで会えなかった時間や隙間を少しずつ埋めていってくれているような気がして嬉しかった。
マックで昼食を摂っている時も、会話が途切れたり気まずい雰囲気になったりすることもなく、昔と変わらない感覚に、“距離なんて出来ていなかったんだ”って思えてホッとしていたところに、
『あ。忘れないうちにコレ渡しておくね!』
と言って、修学旅行のお土産をくれた。
“志賀高原りんごちゃん”と書かれたストラップ。
とても可愛くて、人目で気に入ってしまった。
そしてお土産をもらった私は、自分も忘れてしまわないうちに、とかなり遅くなってしまったけれど誕生日プレゼントを渡したの。
みかちゃんへのプレゼントを買った時、私は本当に金欠だったから大したモノは買えていなかったけれど
『開けていい?』
と言って、そっと包装用紙を開いた美佳ちゃんは
『可愛い!!!ありがとう!!』
と喜んでくれた。
それだけで、“買ってよかったな”って思えたの。

マックでお昼ご飯を食べた後は、アミューやロフトを一回り見て回った。
だけど、お互いに中々“コレだ!”というモノに出会えず、リバに行くことに。
リバに着いてすぐに、プリクラはあまり好きではないと言うみかちゃんを説得して、プリクラコーナーへと足を運んだ。
抱きついたり、恋人つなぎで手を繋いだりと、とにかく密着しまくりのポーズで2機撮った。
『笑えなかったはずなのに 君といるといつの間にか笑顔になってる自分がいた』
って落書きのポエムには、感動したなぁ・・・。
私にとって、まさしく美佳ちゃんがそういった存在だったから。

プリクラを撮り終えたら、1階のアクセが売ってありそうな場所をウロウロと。
そしたら、とても可愛いアクセサリーが並んであるお店を発見。
しかも、なんと50%OFFのセール中で。
テンションが上がった私とみかちゃんは、ネックレスと髪留め2つをお揃いで買うことにした。
レジに持っていく時、ふいにみかちゃんが
『これを私が買うから、愛結菜はこれを買って?
そして後で交換しよう。
お互いにプレゼントってことで。』
と提案を。
もちろん私は大賛成で、その案を思いついたみかちゃんに感動しながらも、みかちゃんの分のアクセサリーを購入。
みかちゃんは、私の分のアクセスァリーを買ってくれた。
互いにプレゼントという形でアクセサリーを交換したのは、スタバでまったりしていた時。
『スタバはおいしい!!』
なんて何気ない会話をしながら、のんびりとした時間をすごし、その後はまたロフトへと戻った。
そこでの目的は、日常的に使えるモノで何かお揃いのモノを買うってこと。
アクセ類は、私は普段学校へ行く時も身につけられるけれど、みかちゃんはそういうわけにはいかないから。
それじゃあ、なんとなく淋しいなって思ったの。
ロフトで目についたのは、細身で長さが短めの0.3mmのシャープペン。
ピンクのグラデーションになっていてとてもキレイで、手にもフィットするし、2人して一目ぼれしてしまった。

そうこうしているうちに、あっという間に時間は過ぎて。
みかちゃんが帰らなければならない時間が迫ってきた。
駅のホームに行って、でも離れたくなくて。
再会した時と同様、人目も気にせずに抱きついて、ちゃんから離れようとしない私。
半泣きになって、しがみつくようにして抱きつく私の頭を、以前よくしてくれていたように、みかちゃんはよしよしとなでてくれた。
会えたら嬉しくて、でもそれだけに離れる時の悲しさや寂しさは計り知れないものがあって。
家についてからの私は、もうボロボロだった。
2日間に渡る模試の疲れ、虚無感、無気力感。
そして私の思考の行き着く先は、“今日のこの1日は、みかちゃんにとって迷惑なものだったんじゃないか”という最悪なもの。
そして、強く思った。
信じることと、信じたいと思うことと、信じられる人だと思うことは別物なんだって。
強く、強く思ったの。


充実していた、けれどとても悲しい1日。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。