スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決意の日

2009.08.28 23:39 candy

今日は病院三昧の日だった。
まずは、一昨日にも行った某病院の形成外科に行って、手首と足の医療用テープの貼りかえを。
それから精神科の診察予約時間まで、まだ時間があったから眼科へGO。
コンタクトの残りがなくなっていたから、ちょうど良かった。
視力は上がってもなかったけれど、下がってもおらず、コンタクトは以前と同じ-4.0のものを2箱購入。
おまけで貰った洗浄液とコンタクト2箱が入った袋を下げて、急いで精神科へと向かった。
今日はなぜか、母親も一緒。
母曰く、精神科の受付にいる方から
『未成年ですし、ずっとご本人のみで来られているので、次回はお母様もご一緒されて下さい。』
との電話があったとか。
“未成年だから、精神科には保護者が必要!って言うのも、何だか変な話だな”なんて思いながらも、受付の方から言われたなら仕方がないし…
しぶしぶ、精神科のクリニックへ母親とIN。
午前の終わりの方の時間帯だったからか、あまり待たされずに診察室へと呼ばれた。
まずは、私1人が診察室へ。
ここまでは良かったの。
ここからが、最悪な展開だった。
診察室に入ると、いつも先生は、にこやかに
『こんにちは。調子はどうですか?』
とおっしゃるの。
でも、なぜか今日の先生は雰囲気が怖くて。
“こんにちは”と言うことも、調子を尋ねることもしなかった。
私が診察室の椅子に座り、恐る恐る先生の様子を伺おうとした時、
『…昨日、お母様がここに来られました。』
と、おっしゃった。
思ってもみなかった言葉に驚きを隠せずにいる私に、先生は続けて言った。
『お母様は、とても心配されていて、悩みに悩んだ末に、ここに来られたようです。
お母様のお話によると、海月さんは激しいリストカットや大量服薬を何度も繰り返していたようですが…
私はそんな事実を海月さんから一言も聞かされていなかったので、ショックを受けました。
また、薬をずいぶんと溜め込んでいるそうですね?
私は海月さんが“薬をちゃんと飲んでいる”ことを前提に今まで治療を進めて来ました。
海月さんに対して不信感を持つようになった今、薬の処方はもちろん、治療をすることも出来ません。
海月さんのような人に使う時間があるなら、もっと他の人に使いたいです。』
…………。
母親の言っていた、“受付の人からの電話”なんて、ウソだったんだ。
実際は、私と母親の話の真偽を確かめるために、先生から呼ばれたというもの。
どうして母親はウソをついたの?
それ以前に、どうして母親は1人で病院に来て勝手なことを先生に話したの?
………きっと、T先生だ。
先日渡した手紙の“あの時死ねなくて、今も死ぬことができずに生きていて…ごめんなさい”という最後の一文を読んだT先生が、母親に連絡したんだね。
私に直接手を差し伸べるのではなく、私を通り越して母親に連絡したんだ。。。
そして不安になった母親は、1人で病院へ言ったんだ…。
頭の中を懸命に整理していたら、先生がさらに言葉を続けた。
『海月さんの方から、私の不信感を拭えるようなことがあるならば、言ってください。』
と。
私は、リスカのことを隠しているつもりなんて全くなかった。
包帯を巻いているのだから、わざわざ言わなくても承知しているだろうと思っていただけ。
レグカに手を出してしまったことについては、今日の診察用にまとめたメモに書いていたし。
デパスでODして病院へ言ったことも、ちゃんと報告してた。
ただ、わざわざ報告するまでもないような軽いODについて、何も触れていなかったのは事実。
でも、“リスカ・OD衝動が治まらない”と毎回のように訴えているのに、ODしていないと思っていた先生の判断力の方に問題があるんじゃないかと思うのは、私だけなのかな…?
分からない、分からない、分からない。
頭の中がぐちゃぐちゃで、私は何一つキモチを口に出来ず、固まっていた。
そしたら先生は、
『…一旦、次の方に変わって下さい。
また後で話をしましょう。』
と言い放ったの。

待合室に戻った私は、イライラと悔しさと悲しさで一杯で。
すぐにでもリスカやODをしてしまいたい気分だった。
とにかく衝動を抑えようと、携帯でリアルの方の記事を打ち、思いをぶつけたけれど、治まらず…
携帯を壁に投げつけてしまったの。
音を聞き付けて、慌ててやって来た看護師さんが
『ちょっと落ち着こうね?』
と言って、携帯を拾い、私の手を優しく握ってくれた。
その手の暖かさで、私が思い出したのは、T先生の手の暖かさ。
イライラはウソのように治まって、悲しみだけが残り、涙が零れた。
“T先生、私の真意は先生に伝わらなかったんだね。”
“最後の最後のSOSだったのに…”
“せっかく少し信頼できるようになりつつあった母親への信頼も崩れて、薬も治療もなしになって、T先生へのSOSも届かなかったのなら、私はどうしたらいいの?”
頭の中は、そんな気持ちがぐるぐると巡っていて。
再び診察室に呼ばれた時には、もう死ぬことしか頭になかった。
母親と先生が会話をし、私は一言も言葉を発しないまま、診察終了。
診察室を出た時、行き場のない気持ちで一杯になっていた私は、再び携帯を床に投げつけた。
そしたら、看護師がまた飛んできてくれて。
だけど先生は、
『いいですよ、放っておいて。』
と言ったの。
後のことはよく覚えていないけれど、
“リストカットは、自分を傷つけるだけでなく周囲を傷つける最低な行為だ”
とか、
“話の合う他の病院の先生に診てもらってください”
とか、
“暴れるのであれば、入院、もしくは警察行きですよ”
とか言われた記憶がある。

診察料金を母親が支払い、病院の外に出た瞬間、私は近くのビルめがけてダッシュ。
ビルの屋上へ行って、そこから飛び降りるつもりだった。
だけど…
すぐに看護師さんに捕まって、親の車で強制送還されてしまった。


帰宅後、部屋で1人涙を流しながら“もう死ぬしかない、死のう…”と決意した。
半年なんて、保つわけがない。
T先生。
主治医。
母親。
大きな大きな救いの手を、私は3つ同時に失ってしまったのだから…。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。