スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちと行動の矛盾

2009.07.12 23:07 candy

今朝も母親と喧嘩した。
母親が何か怒鳴ってたけど、まだ夢の中から抜け切れていなかったから、よく覚えてない。
だけど、母親はお怒りMAX。
父親との一騒動も手伝って、昼食の時もまだイライラしていたの。
父親は、そのイライラが自分に向けられたものだと思ってしまったみたいで。
『何をそんなに機嫌悪くしてるんだ!』
と母親に言った。
そこから父親と母親のバトルが開始。
私はと言うと、両親が言い合いしているのを聞きながら、冷やし中華を食べてた。
父親と母親の喧嘩なんて日常茶飯事で、今までの経験から、こんな時は“何も言わない、どちらの加勢もしない”のが1番だと分かっていたから。
2人のバトルは、
『もう、この家イヤなのよ!』
と母親が言って部屋を出て行って、一旦終了。
冷やし中華を食べ終わった私も、自室(?)に戻った。
すると、母親が部屋にやって来て
『予備校の個別指導、どうするの!?
科目は!?時間帯は!?
体験行くなら、早く申し込まなきゃ!
1時になったら、電話かけるつもりなんだから、早く決めてよ!』
と。
その時の時刻、12時55分。
急なことに私が返答出来ずにいると
『それで!?U先生の件は!?』
って。
もう頭の中は、大混乱。
どうしよう、どうしようって、そればかり。
そしたら
『いい加減にしないと、追い付けるものも追い付けなくなるでしょう!?』
だって。
“あぁ、そういうことか”と分かった瞬間に、冷めた。
今の母親の頭には、“夏休み明けから私が教室へ戻る”ことで一杯なんだね。
私はY先生に“K高を卒業したい”と言った。
そして、Y先生はそれを母親に伝えた。
“出来ればK高を卒業してほしい”と言っていた母親からすると、その言葉って…。
そう言えば、母親が再び変わり始めたの、その頃からだったなぁ。。。
私がその日、“K高には2度と行かないだろうな”と思ったなんて知ったら、怒り狂っちゃいそうな勢いだよ。。。
ホント、言わなきゃ良かった。

『もう止めてよ!』
と母親に怒鳴り返して、母親が部屋を出て行ったのを確認すると、力一杯ドアを閉めた。
あと少しで“学校辞めるから!”って言ってしまうところだった。
でも、そんなことを言ってしまったら後悔するのは自分自身。
だって…。
どこかで期待している自分がいるから。
T先生が、Y先生が、また“待ってる”と言って下さることを。
私はまだ、T先生から卒業できてないんだ。
T先生に、“大丈夫”と言って抱きしめてほしい。
こんな私でも、見捨てないでいてほしい。
去年、“2年生になるよ、海月。”って言って下さったように、“3年生になるよ”って言ってほしい。
…どこまで甘えてるんだろう。。。
甘えてばかりな上に、気持ちと行動に矛盾がある。
“もうK高に行くことはないだろう”と思いながら、ずっと手を付けられずにたまっていた課題をやってる自分がいるの。
課題に取り組めるってことは、テスト期間から続いていた欝の波から回復出来ている証拠でもあるんだけど…
問題を解きながら、フと思ったの。
“行く気がないなら、どうして課題をするの?”って。
結局、どんな状況下にあっても、私がK高を好きな気持ちは変わらないってことなんだろうな。。。
好きだから、やっぱり心のどこかでK高へ行く理由となりうるものを探してるんだ…。

想いだけじゃ、どうにもならないものだってある。
ちゃんと、考えよう。。。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。