スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ての人へ 贈りたい

2009.06.28 23:03 candy

憧れの存在が身近にいるのって、とても幸せなことだけど、とても苦しいことでもあるなぁって考えた、今日。
私の憧れはね、私の姉なの。
頭が良くて、スタイルが良くて、美人で、性格が良くて、カリスマ性があって…。
ずっとずっと、あんな風になれたらなって思ってた。
以下は、姉を想いながら去年の今頃に書いた詩。


思えば ボクは 君の背を

いつも 追いかけてばかりいた


近づいたと思ったら 離れていく

届きそうで 届かない

キミの背中


少しでも近づきたくて
手を伸ばしてみるけれど

その手は 空を 掴むだけ



ボクは キミを 追いかける

決して 届くことは ないけれど


キミと並んで
歩むことのできる いつかまで

ボクは キミを 追いかける



キミを 見失うことのないように


この頃の私は、がむしゃらに勉強してた。
休日に家族で出かける時にでも、右手には必ず単語帳が握られていたっけ。
お風呂の中でも、勉強して。
登下校のバスの中でも、勉強して。
とにかく、暇さえあれば勉強してた。
…怖かったの。
姉が、遠くへ行ってしまいそうで。
自分の知らない境地へと、行ってしまいそうで。
だから、必死で勉強した。
姉は私の憧れの人だけど、同時に目標でもあったから。

バカだよね。
いくら頑張っても、才能の差は埋まらない。
いくら同じ血が流れているといっても、姉と私は別の人間。
私は、姉にはなれない。
そんな簡単なことが、分からなかったんだ。
その結果、エンストして。
姉は遥か遠くへと行ってしまって。
もう、背中さえも見えなくなってしまった。
なんて残酷な結果なの。

小さい頃は、姉が嫌いだった。
『お姉さんは○○なのに、妹は…』
って言葉を幾度となく耳にする度に、姉がいるから私が卑下されるんだって思ったの。
だけど、私がピンチになった時は、いつも姉が助けてくれた。
いざって時に頼りになるのは、いつも姉だった。
だから、私の中で姉はいつしか“憧れ”そして“目標”となっていたの。


私が自殺未遂をして緊急入院して。
退院した時、姉が送ってくれたメールの中に、こんな言葉があった。

小さな幸せで満足できる、大きな人間になんなさい。
自分のいい部分も悪い部分も、少しずつ認めていきなさい。
自分なんだから。
1番長くつきあわなきゃいけないのは、自分自身だよ。


私は今、そんな人間になれていますか?
姉の言う“大きな人間”に。
…多分、なれていないんだと思う。
“死にたい”なんて言ってる時点で、道から逸れてるもの。
欝モード継続中の私には、とてもそんな大人な考え方は出来ない。
でも。
このブログを訪問して下さっている方々へ。
この言葉を、姉の言葉を、贈りたい。
そして今、悩んでる人にも苦しんでる人にも…
生きてほしいの。
私にこんなこと言う資格なんて、ないのは分かってる。
でも、本当に、そう思うよ。


『私の夢は、医者になったお姉ちゃんの下で、看護師として働くことです。』
なんて言ったら、ウザいって言われちゃうかな?
でもいつか、そんな日が来ればいいって思う。
もしも社会人になる歳まで私が生きていたら…
そうなればいいなって思うんだ。
欝モードの今は、やっぱり死にたい気持ちの方が大きいけどね。。。


私の姉は…
私が胸を張って誇れる人。

スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。