スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生との再会

2009.05.30 23:25 candy

文化祭、1日目。
…学校に、行きたくなかった。
昨日の出来事を、すぐに浄化してしまえるほど、強い心は持てないの。
それに、夜通し泣いていて1時間しか眠れていないせいで、身体もキツくてたまらなかった。
精神的にも身体的にもキツいとなると、前向きな気持ちで学校へなんて行けないよね。。。
でも“行きたくない”って気持ちを抱えてはいたものの、休む訳にはいかないってこと、十分理解してた。
私には、たくさんの仕事があって、代理が利かないものも多々。
自分が欠席をするということが、どういう結果を招くのか、考えなくても分かる。
それに…。
T先生だって、昨日の今日で私が欠席していたら良い気はしないだろうなって。
涙まで見せてしまったわけだし。
だから、ちゃんと登校したよ。
最近の中で一番憂鬱に感じた朝ではあったけれど…。


登校したら、すぐに職員室へ。
だけど、T先生は見当たらなかった。
そこでY先生と少し雑談を。
しばらくして職員室を後にしようとした時、T先生とすれ違った。
T先生と目が合った時、私は思わず目を伏せてしまったの。
T先生の目の中に、私に対する失望の色を見てしまうのが怖かったから…。
でも、そんな私に構わず
『(反省文)持ってきたんだ?』
と声をかけてきた。
怒った調子ではなく、軽い感じで。
私が小さく頷くと、T先生は頷き返して足早に職員室を出ていった。
…T先生、本当にいつも忙しそうだなぁ。。。


8時半過ぎ、文化祭の開会式が行われて、文化祭がスタートした。
リサと私は、ESS部の展示場所で話ながら会場監視をしていた。
しばらくすると、リサが突然廊下を見て
『え!?幻覚!?
イヤ…違うよね。。。』
と大きな独り言を漏らした。
そしてその後すぐ、美結華の方に向き直って
『私の勘違いかもしれないけど、●先生がいた気がする!』
と。
●先生は、昨年度に美結華のクラスで数Ⅰを教えて下さっていた方。
今年度、他の学校に異動になってしまったから、今はK高にはいらっしゃらないの。
私は割と親しくさせて頂いていたし、●先生が好きだったから、リサの言葉に素早く反応。
急いで廊下に飛び出した。
そしたら…
いらっしゃったの。
●先生が。
『●先生ーー!!』
私が先生の名前を呼びながら駆け寄ると、●先生は
『お、海月。
元気にしてるかー?』
と言って振り返った。
『もうすぐキャパオーバーです♪』
あくまで明るく、私は返答。
『ダメじゃん(苦笑)
まだ2年になって間もないぞー?
あと1年半、頑張らなきゃいけないんだから。』
先生は、そう言って私の頭を軽くポンポンと叩いて笑った。
それから少し雑談した後、
『中間どうだった?』
と聞かれたから
『ちょっと頑張りました☆』
と答えると、苦笑いされちゃった。
『海月は“ちょっと”とか“少し”が多すぎ!
そこは嘘でも“頑張った”って言わなきゃ。
先生は結果を知らないんだから(笑)』
なんて言葉と共に。
だから美結華が
『じゃあ言い直しますー!
超頑張りましたよッッ!!』
と言うと、今度は
『今から職員室行って、成績見せてもらおうかな。』
なんて笑いながら言われちゃった。
…●先生、面白い…。

私ね、●先生にもう1度会いたいと思ってたから嬉しかった。
実は●先生、春休みに学校に来ればいつでも数学を教えて下さるって言ってくれてたの。
だけど、私は結局1度も春休み中に学校に行けなくて…
それが●先生との最後の会話にだったから、すごく気になってたんだ。
●先生が、私の言葉の端々にある“ちょっと”や“少し”といったものに気付いていて、尚且つ覚えて下さっていたこと、嬉しかったな。。。
●先生はもう、K高の先生ではないけれど、●先生が素晴らしい方だってことは、変わらない。
会う機会なんて滅多にないし、もう2度と会えないかもしれないけど…
絶対に先生のこと、忘れたりなんてしないよ。。。


忙しくパタパタと動いていると、あっという間に時間は過ぎて、文化祭1日目が終了。
疲れていたから、すぐにでも帰宅したいところだったけど、生憎お仕事が。
寝不足でフラフラしながらも、“文化祭が終わるまでの我慢”と思って頑張った。
同じ仕事をしている同級生の女子とは、1年生の頃からの知り合い。
だけど、未だにその子の前で素にはなれない。
キツくて、キツくて…
それこそ、泣き出してしまいそうなくらいだったけれど、始終笑顔でいた。
テンションも高めに振る舞ってた。
それをすると2倍疲れてしまうけれど、素になれないものは仕方ない。
私だって、望んで仮面を被っているわけじゃないもの。
自分でも気が付かないうちに、自分を作ってしまっているんだ。

仕事が終わって、学校を後にしたのは、なんと10時過ぎ。
真っ暗だし、寒いしで大変だった。
家に着いた時には、11時を回っていたしね。
11時に帰宅、なんて初めての経験だよ。。。
文化祭は華やかだけど、その裏側では、こんな忙しさがあったなんて…。
1年生の頃は、思ってもみなかったよ。


明日は、今日ほど抵抗なく学校へ行けたらいいな。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。