スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止まった時計

2009.05.27 23:25 candy

今日、久しぶりに校内で涙した。
放課後の、文化祭のお仕事中に。
お仕事と言っても、今日あったのは“総見”と呼ばれる、いわゆるリハーサルのようなもの。
昼休みが終わったあたりから頭痛に襲われ、無気力感に苛まれていた私。
総見には、デパケン1錠とリボトリール1錠を飲んでから参加した。
でもね、ステージに立っている子達があまりに輝いて見えて。
眩しすぎて。
涙が零れたの。
私は今、全く輝けてなんていないから。
“こんなはずじゃなかったのに”、とか“私にも、この子達の半分でいいから、キラキラがあったらいいのに”、とか。。。
そんな気持ちが涙と共に溢れ出してきて、止められなかったの。
もちろん、周りの人に気付かれないように気を配ってはいた。
総見の途中でいきなり泣きだすなんて、変に思われちゃうもの。
あくまで、仕事中だったし。。。

輝き溢れる世界に生きてる人達。
闇に捕まって、逃れられずにいる私。
同じ学校の生徒で、同じ制服を来て、同じ先生方と巡り合って。
それほど環境に違いはないはずなのに、大きな大きな隔たりがあるように感じたよ。

金曜日の総見でも、泣いちゃったらどうしよう…。
もしも隣にいるのがリサやT先生だったなら、目を気にすることなく泣けるのに。
隣にいるのが先輩や後輩だったら、思い切り泣けないよ。
泣きたい時に泣けないのも、結構キツいんだね。。。

総見が終わったのは、7時頃。
私が器材の片付けをしていると、偶然に生物を教えて下さっている先生と出くわした。
私と目が合うと、その先生は心底驚いた顔をした。
それもそのはず。
本日最後の授業は生物で、その時の私は欝の真っ只中だったから。
授業中、これ以上はないってくらいダルそうにしていた生徒が、まさか7時頃まで校舎に残って仕事をしているなんて、予想外だったんだと思う。
『…頑張ってるじゃん。』
先生は、優しくそう言って笑いかけて下さったの。
私はただ、決められた仕事をこなしていただけ。
それは、当然のこと。
でも私にとってはキツいことだったから、例え基準が低くても“頑張ってる”と認めてもらえたことが、すごく嬉しかった。
薬に頼りながらでも、仕事を頑張って良かったって思えたよ。
ありがとう。


捨てなければならないもの。
諦めなければならないもの。
この世には、たくさんあると思う。
今の私は、何を捨て、何を諦め、どうやって前へ進めばいいのか、正直分からない。
今までの自分を振り返ってみて思うのは…
やっぱり、私は中学時代に吹奏楽部に入っていた頃が、一番輝けてたってこと。
後ろを振り返ったって、何も変わらないのは分かってる。
だけど、きっと。
私の時計は、その時代に留まったまま。。。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。