スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲンタシンとリンデロン

2009.05.16 23:25 candy

休みたくてたまらない気持ちを押さえ込んで、登校した今日。
これで、今週はパーフェクトと言えれば良かったんだけど…
月曜日にお休みしてしまってるから、完璧とは言えない。
でも、月曜日に頑張って登校してテスト期間中にバテてお休みしてしまうよりは、良かったのかも。


学校に着いたら、すぐに朝テスト。
今日の朝テストは数学で、解答用紙には“完答合格”と書かれてあった。
例え理解している単元でも、完答って意外と難しいんだよね。。。
かろうじて合格出来たから、再テストorレポートは免れた。
…良かった…。


今日は、1番欠点の可能性が高いと考えられていた生物と、危険なラインだと思っていた世界史のテストが返却された。
生物の先生も世界史の先生も、返却をする時に1人1人に声をかけていて…
点数が悪いと予想出来ていた私はドキドキだった。
特に、生物。
生物の先生は未だかつて、生徒に欠点をとらせたことがないんだって。
決して問題が簡単なわけじゃない。
むしろ、難しい。
それでも誰1人として欠点を取らないのは、先生の教え方が素敵だからなんだと思う。
もしも私が欠点をとったら、先生にとっては初の欠点をとった生徒になるわけで…
怒られるんじゃないかって、怖かったの。
だけど、先生は怒らないどころか、すごく優しかった。
『休んでたし、仕方ないよ。』
って言って下さったんだ。
確かに、私はもう生物の授業を4回休んでる。
だけど、それと言うのも私の甘えが原因。
そんな言葉をかけて下さるなんて予想外で、安堵感からか暖かさからか、泣きそうになっちゃった。
ちなみに、生物は45点。
40点で欠点だから、ギリギリの線だったよ。。。

世界史は、と言うと68点。
決していい点数ではないけれど、最近の私の世界史の点数を考えると、かなりいい。
久々にまともな点数を取れたんじゃないかな。
多分、何度も繰り返された小テストのおかげだね。
この調子で、欠点が出なかったらいいな。。。


学校が終わった後は、2週間ぶりの病院へ。
実は、その病院へ行くのは今日が最後。
22日には、学校帰りに直接行くことの出来る場所にある病院へ行くことになってるんだ。
そのせいもあって、処方薬には特に変化がなかった。
ただ、リスカの傷痕に塗るための薬を2種類頂いた。
ゲンタシンとリンデロン。
アレルギー持ちの私は、リンデロンとは長い付き合いだったりする。
キンダベートーとかマイザーにも、かなりお世話になったっけ。
まさか、リスカの傷のための塗り薬として処方される日が来るなんて思わなかったな。
もっと言うと、自分がリスカをするようになるなんて、思ってなかった。
精神科に通院するようになる、とも。
分からないよね、先のことなんて。
本当に…。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。