スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「教師」と「生徒」

2009.05.09 23:25 candy

自分自身について、ほんの少し考えた。
どうして私が依存って言っても過言じゃないくらい、T先生を頼ってしまうのかって。
リサでもなく、癒し系のみかちゃんでもなく、どうしてT先生なのかって。
先生よりも、友達の方が身近なはずなのに。
答えはね、簡単に出たの。
考え込まなくたって分かる。
本当は、ずっと前から分かっていたのかも。

私はね、T先生との関係に“安定”があるからこそ、安心していられるの。
私がK高にいる限り、T先生は“先生”で私は“生徒”。
それは、一方が切ろうと思っても決して切ることが出来ない。
“安定”そのもの。
だからこそ、なんだよ…。
こう考えると、全て繋がるし。
私がT先生を“頼りたいけど頼れない”のも、“見捨てられたのでは、と不安になる”のも、“伝えたいけど伝えられないことがたくさんある”のも。
T先生との関係に安心を覚えているから、自分の深みに関わることには抵抗を感じるんだ。
だけど私は、人を拒絶しながらも、どこかで助けを求めている。
だからきっと、少しでも安心を感じられるT先生に救いを求めてしまうの。
『何かあったら、いつでもメールして』
って言ってくれるリサ。
『1人で思い悩まずに、電話してね!』
と言ってくれるみかちゃん。
でも…。
“友達”は、いつ関係が崩れてしまうか分からない。
いつ、敵になっちゃうか、分からない。
だから私は、、、
友達よりも、T先生を頼ってしまうんだ。

きっと、T先生を苦しめてた…。
私は、人を信じない。
例え信じても、ある一線は守りぬく。
そう、誓ってる。
自分自身を守るために。
だから私が信頼しているのは…
T先生と言うよりは、T先生との関係。
そのせいで、2度も先生に哀しい言葉を言わせてしまったよね。。。
『私がどんなに心を砕いて話ても、あなたは心を開いてはくれないでしょう?』
って。
悲しそうでも、悔しそうでもある声音で…。

私も、自分の中にある矛盾した気持ちには苦しみを感じてる。
だけど、T先生の方が私の何倍も苦しかったんじゃないかな。
学校は、頻繁に休む。
欠席の連絡を入れた後でも“おいで”と言ったら、来て、何事もなかったように笑顔で友達と話してる。
元気そうな日に限って、ODしたりリスカしたりで、保健室に行く。
時々泣き出したら、中々泣き止まず、泣き止んだら、いつも通りの笑顔を見せて“どうして泣いていたのか”、“何があったのか”は口にしない。
何度も死のうとする。
…………。
挙げたらキリがないよ。
ごめんなさい。。。

でも。
だけど。
“人を信じない”と誓った後に出会った人で、“信じても大丈夫”と思えたのは、T先生が初めてなの。
私にとって、信じることと信じても大丈夫と思うことは、別物ではあるんだけど。
それでも私は――…………。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。