スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安だらけの日々

2009.04.01 23:40 candy

どうも私は、心配や不安が大きくなると眠れなくなるみたい。
ベンザリンが効いて、夜眠れたのは安定してた日。
最近は不安定さが増してきて、それと同時に眠れなくなった。
眠れない夜の時間ほど、辛いものはないのに、不安定な時に眠れないなんて最悪だよ。
当然と言えば、当然の現象なんだけど。


眠れない時を過ごす中、日付はすでに、4月となっていて。
6日から始まる高校2年生としての日々を思い、不安で押し潰されそうになってた。
不安に思う要素が、今の私にはあまりに多すぎる。

まずは、課題。
私がまだ終えてない課題は、既に終えた課題よりも遥かに多い。
英語の長文+全訳を4題。
純文学、または専門書2冊を読んでのレポート。
体育のレポート16枚。
数学の問題、50題。
これらを、6日までに終わらせなきゃいけない。
かなり苛酷。
無理だよ…。。。

次に、人間関係。
私は、この春休みの間に友達をまた失った。
いつでも、どこでも、私は憎まれる運命なんだ。
宿命なんだ。
新しいクラスで、新しい友達と上手くやっていけるなんて、思えない。
例え仲良くなれる人が奇跡的にいたとしても、1年も保たないだろうな。
もう、傷つきたくないよ。
そんな風に保身に回ってしまうのは、いけないことなんだろうけど…
でも、もうイヤなんだ。
傷つくのは。
失うのは。

最後に、勉強面。
春休みの課題さえも終えることが出来ていない私が、3学期分の遅れを取り戻すための復習に取り組めているわけがない。
きっと、2年生からの授業にだって、ついていけないよ…。

その他にも、たくさんたくさん不安要素はあるけれど、主なものは、この3つ。
もう、どうすればいいのか分からなくて。
辛くて、苦しくて、悲しくて、悔しくて。
涙が溢れてくるのを、止められなかった。
そんな時に想ったのは、T先生のこと。
声を聞きたくて、話を聞いてほしくて、パニック寸前の私を少しでも立て直すきっかけを与えてほしくて。
電話したいって思った。
その時の時刻は、明け方の3時。
そんな時間に電話なんて出来ない。
でも、昼間なら電話できた。
学校に電話すれば、T先生がいらっしゃることは分かってた。
だけど、しなかったよ。

もう、4月。
T先生は、私の担任じゃない。
迷惑なんてかけられない。
それに。
もしも電話して、拒否されたら…
そう考えるだけで、怖くなったの。
T先生に拒否されたら、もう完全に潰れてしまう。
ダメになってしまう。
だから…
無理だったんだ。
出来なかったんだ。
でも、心の中では救いを求めてた。
このままじゃ、始業式に学校へなんて行けない。
どうにかしなきゃいけない。
だけど、自分の力だけではどうしようもないの…。


11月16日。
私の命日になるはずだった日。
どうしてまだ、私は生きているんだろう…。
どうしてまだ、この世界に燻っているんだろう…。
そんな風に考えてたら、もう1人の自分が、私にささやきかけてきた。
『今からでも、遅くないよ。
今からでも、十分大丈夫だよ。』
私が死んだら、たくさんの人が喜ぶんだろうな。
最近、憎まれ指数アップしてるし?
しかもその理由が、嫉妬なんてさ、バカバカしくてたまんない。


あぁ、もうっっ!!
なんであの時、死ねなかったんだろう…。
発達した今の医療を、少しだけ恨むよ。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。