スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半袖を着れない事情

2009.04.21 23:40 candy

どうにか今日も、朝講習から出席できた私。
夜に眠れないから、睡眠時間はかなり少なめ。
そのせいか、やけにハイテンションだった気がする。
睡眠時間が極度に短いと、なぜかテンション上がるんだよね。
テンション高いと言っても、以前の私にとっては“普通”の高さなんだけど。


お昼休み前最後の授業は、体育だった。
もちろん私は、長袖体操服を着用。
そしたら、新任で体育科の女の先生に突っ込まれてしまったの。
『長袖着ているの、何か理由があるの?
誰か、先生からの許可とってる?』
みんなの前で、“リスカ跡があるから長袖なんです”なんて言えるはずもなく、
『ごめんなさい、半袖と間違えちゃいました。』
と言って謝った。
咄嗟のこととは言え、嘘を吐いたことに罪悪感を覚えて…
授業が終わって、みんながいなくなった後に、その先生の所へ行った。
『さっきの、“間違えた”って、嘘なんです。
ごめんなさい。』
そしたら先生は、怒ることなく優しく同じ質問をしたの。
『何か…半袖を着れない事情がある?』
って。
私は小さく頷いた。
だけど、リスカのことなんて簡単に打ち明けられない。
だから
『養護教諭の先生とは、今相談してるんですけど…』
と言った後、何も言えずに黙ってしまったの。
俯く私に、体育科の先生は
『海月さん、だよね?
私はこの学校に来たばかりで詳しくは知らないけど…
ほんの少し、あなたのこと聞いてる。
事情があるなら、体操服は長袖でもいいからね。
他の体育科の先生に何か言われたら、“○○先生に許可とってます”って言えばいいよ。』
と言って下さったの。
その口振りからして、きっと先生はリスカのことをご存知。
それでも、軽蔑や冷ややかな眼差しではなく、暖かい目を向けて下さった。
“事情”について、必要以上に突っ込まないでいて下さったことにも、感謝しなくちゃ。
先生のおかげで、体育の授業に対する心配は、とりあえずなくなった。
制服が半袖になる時までに、対策を考えなきゃいけないことには変わりないけど。


放課後、家に帰ろうと私が下足箱へと向かっている途中、1年の時のクラスメイトに会った。
その子と私は、とても仲が良いわけじゃなかったけど…
その子は、1年生の後半にほとんど学校へ来ていなかった私を気にかけてくれてたみたい。
『久しぶり~♪元気?』
って笑顔で言ってくれたんだ。
もちろん、“元気だよー!”と満面の笑みで返した。
実際に元気かどうかは別として…。


明日は、水曜日。
まだまだ、学校の日が続く。
頑張らなくちゃ。
今週こそは、パーフェクトじゃなきゃ。。。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。