スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内パニック

2009.02.04 23:18 candy

昨日の夜、ノートを借りていたリサからメールが来た。

『うちさぁ愛結菜に英Ⅰのノート貸したよね?』

本人は、確認のつもりだったかもしれない。
でも、裏を読んでしまう私には、そのメール文の後に
『私、明日の授業の予習できないじゃん。
人からノート借りておいて、学校休まないでよ。』
と続いている気がしたの。

もう、嫌われてしまったかもしれない。
明日、学校に行ったらグループの子達みんなから無視されるかもしれない。
明日、学校に行くのが怖い。
その子に、同じグループの子に、会うのが怖い。
だけど、明日休んだら、リサが授業時に困ってしまう。
そうしたら、絶対に嫌われてしまう。
だから、明日は必ず学校に行かなきゃならない。
でも、行きたくない。
怖い…。
そんな気持ちで一杯になって、怖くて怖くて仕方なかった。
だから、切ってしまったんだ。
月曜日、学校からの帰り道に調達した剃刀で。
そして、泣いた。
あまりの恐怖に、身体が震えてた。
そんなに怖がることか?って、思われるかもしれない。
でもね、私にとってはすごく怖いことなの。
これはきっと、経験しなくちゃ分からない。
実際に“イジメ”ってものを経験した人にしか分からない。


私は、中2の夏休みから中学卒業まで、ずっと“ターゲット”だった。
1年半、中学校生活の半分を“ターゲット”として過ごしたんだ。
無視、なんて生易しいものじゃなかった。
今はまだ、詳しく書けないけれど…。


色々な出来事がリアルに思い出されて、頭の中は大パニック。
そして、こんな日に限って母親が薬の存在を忘れてて、デパスを飲むことが出来なかった。
言えば飲ませてくれただろうけれど、自分から誰かに話しかける気分じゃなかったから、諦めたの。
もうリスカしちゃっていたし、今さらって気持ちもあったんだけどね。


そして今日。
私は学校に行けなかった。
T先生は、欠席連絡を入れた時に
『机にプリントたまっちゃうよ~。
友達も待ってるから、おいで?』
と言って下さったらしい。
でも、T先生の暖かいお言葉も、今日は効果なしで。
“プリントって、どうせ学年末テスト関連ばっかじゃん。
友達が待ってるのは、私じゃなくて、私の持ってるノートだよ…。”
と思って、ますます落ち込んでしまった。
そして少し落ち着いたと思ったら、先生の暖かいお言葉を無駄にしてしまった自分、今日の授業をノートなしで受けなければならなくなった友達を思い、また落ち込む始末。


母親は、私が学校へ行かないことに慣れてしまったみたいで、以前ほど必死に起こそうとはしなくなった。
ただ、嫌味混じりの言葉を鼻にかかった声で連発はする。
『自由出勤さ~ん!
今日も行かないんですかー?』
『うちの家は、怠惰な人ばっかだねぇ…。』
だって。
“出勤”じゃなくて“出校”なのに、なんて頭の中で冷静に突っ込みながらも実は軽くショックを受けていた私。
でも、それらの言葉に反論なんて出来ないし、本当のことだから何言われても文句言う権利なんてないよね。
私は、欝って診断されてることをいいことに、病気に甘えてるだけなんだもん。
あーあ…。
あの時、死んでいれば良かったのにな。


そんなことを考えていると、T先生の言葉がフと頭をよぎった。

『あなたは一度、命を投げ出そうとしたかもしれない。
でも今、ここにいる。
それはきっと、何か意味があるからなんだよ。』

意味…。
周囲の人達に迷惑をかけるってことが、私がここにいる意味なの?
卑屈になっている私は、そんな風に考えてしまった。
その言葉を受け取った時は、暖かさで胸が一杯になったのにね。


こんな調子で、明日学校に行けるのかな…。
明日行かなければ、きっと明後日も行かない。
明後日行かなければ、月曜日なんて絶対に行かないだろう。
そして、そのうち私は完全な“不登校児”になってしまう。
明日は行かなきゃ。
明日こそは…。
だって、家にいたって私は勉強してないんだもん。
自分で勉強しているのなら、まだマシだけれど、何もしていないんだったら時間の無駄。

今日、唯一したことは詩の作成。
私のサブブログ『桜色の空へ。』のタイトルに込めた想いを、詩にしてみた。
詩、なんて言えるほど立派なものじゃないかもしれないけれど。


明日は、遅刻してでも学校に行こう。
あんまり欠席ばかりしていたら、T先生にまで見捨てられちゃう。
そうなったら私、生きてけないよ…。
依存、しちゃってるのかな?
でも、その割りには自分のことをあまり話したりはしないな。
話したい、とは思っても話せない。
まぁ、それが私か。

教室に行くかどうかは別として、とりあえず学校には行こう。
学校に行ったら、教室へ行く展開になるのは目に見えているけれど、それもいいかもしれない。
…朝になったら気が変わる可能性は大だけど。
頑張れますように。。。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。