スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい先生方と家庭内犯罪

2009.01.27 23:51 candy

今日から、いよいよ寒中鍛練。
6時半までに学校だから、家を5時には出らなければいけないという過酷な現実。
それでも、ちゃんと行くつもりだった。
0時に寝て、3時に起きて、5時までに学校へ行く心積もりをしようって計画してたの。
アラームだって、きちんと設定したよ。
でも、ダメだった。
一回3時に起きたものの、二度寝。
再び母親に起こされた時には、“行きたくない”ばかりで…。
結局、昨日と同じ結果になってしまった。
ただ1つ違ったのは、会社に行く前に母親がベッドの傍に来たこと。
そして、母親は言ったんだ。
『T先生がね、“遅刻でもいいから学校にはおいで”って伝えてください、だって。』
…………。
いつもの私なら、T先生の言葉とあらば、素直に頷けてた。
でも、今日は簡単にはいかなかったの。
学校行くのが、怖い。
教室に入るのが、みんなに会うのが、怖くてたまらない。
理由は2つ。
キツい寒中鍛練を、初日からサボってしまったから、白い目で見られるかもしれないのが1つ。
2つ目は、いつも親しくしていた人達に見捨てられたかもしれないってこと。
何でそう思うのかって?
メールだよ。
私が欠席したら、いつも必ずメールをくれてた友達が、昨日は連絡くれなかった。
忙しかっただけかもしれない。
気を遣っただけもしれない。
でも、怖いんだ。
私は知ってる。
笑顔で別れた友達が、翌日も笑いかけてくれる保証なんてないってこと。
だから、だから…。
どうしても、信じきれないんだ。
ゴメンね、みんな…。

うだうだしながらも、T先生の言葉を無駄にしちゃいけないって気持ちから、なんとかベッドを這い出した。
溜め息と共にバスに乗り込み、揺られていると急に泣きたくなってしまったの。
先週の木曜日と同じ。
どうしてかなぁ?
もう、自分のことなのに分からない。
理解できない。
自分が自分じゃないみたいだよ…。

そんな状態だったから、木曜日と同じく保健室に直行。
ちょうど午前最後の授業が始まる頃だったから、先生はその時間、ベッドで休ませてくれたんだ。
昼休みも中頃まで、ベッドに寝てた。
そしたら、T先生が来られたの。
『次、今日最後の授業だけど、行ける?』
という問いかけに、“はい”と答えたら
『その後は学年集会だけど、大丈夫?』
と聞かれたので、躊躇いつつも再び“はい”と答えた。
T先生はとても忙しそうで、二言・三言会話をすると、足早に保健室を後にした。
しばらくして私が教室に行こうとする直前、養護教諭の先生は
『キツかったら、いつでも保健室来ていいから、学校にはおいで?』
と言って下さった。
T先生にも、養護教諭の先生にも、感謝の気持ちで一杯だよ。
学校に行く途中、本気で通信制への転学を考えてたけれど、もうすこし頑張ってみようかなって気になれたんだ。

私が受けた唯一の授業は、物理だった。
文系だから、簡単な内容を扱ってるとはいえ、2時間も抜けていると少しピンチ。
ただ、ついていけない程ではなかった。
文系で良かった。
それでも先生は気にかけて下さっていたみたいで、授業が終わった後に
『大丈夫?ついていけそう?』
と聞いてきたんだ。
2学期の期末テスト、物理は悲惨な点数だったからってこともあるのかも。

学年集会も無事に切り抜け、放課後。
月曜日までが締め切りだった課題を出しに、職員室へGO。
課題は、毎週のお馴染みの国語と数学と英語。
各科目の先生に、謝罪と共に課題を提出するのって、やっぱり恥ずかしかった。
自業自得なんだけど。
国語の先生は、忙しそうで特に何も言われなかった。
英語の先生は
『海月~、大丈夫か?』
と言って顔を覗きこんできた。
私が苦笑いをすると
『あんまり大丈夫じゃないかー…』
と言いながら、私が差し出した課題ノートに一瞬視線を落として、検印を押した。
え!?ちゃんと確認しなくていいの!?なんて思っていたら
『ちゃんと細かい所まで添削してるねー。』
と、先生。
あの一瞬で、そこまで確認したんだ!?って、驚いてしまった。
仕事が早い人は、やっぱり一味違うね。
感激を残しつつ最後に、数学の先生の所へ。
『提出、遅れてすみません…。』
と言って、おずおずとノートを差し出した私。
すると先生は
『あー、いいよいいよー。』
って軽く言ったの。
課題の提出には厳しい先生ってイメージがあったから、これまた驚き。
それから先生は
『そういえば海月、次回の授業で演習問題の○番、板書するように指名してたよね?』
と言って、テキストを取出し○番の問題に目を通して、
『この問題の形式の授業は受けてたから大丈夫だとは思うけど、もし分からなかったら聞きにおいで。』
と。
先生方、優しすぎです、ホントに。
…明日こそは、寒中鍛練に参加できるようにしなくちゃね。

それはさておき。
今朝、学校へ行く前に重大なことに気付いてしまった。
私のお金が盗られてる!!!!
3・4千円くらい盗られてた。
そのせいで、私の全財産は200円にも満たないという悲惨なことに。
いくら私が薬やカッターを買うからって、そこまでしないよね、普通は。
しかも、本人がいない時にお金を盗るなんて。
立派な犯罪じゃないの!?
神経疑うよ、本気で。
またこれで、両親を見る目が一段と冷めたものになるだろうな。
でも、当然でしょう?
私、高校生だよ?
所持金が200円未満だったら、帰りにマックやミスド、スタバなんて行けないじゃない!!
ふざけないでよ、いい加減にして!!
お年玉をくれなくても、月一のはずのお小遣いをくれなくても、仕方ないって妥協してきた。
でも、こんなの許せない。
最低だよ。
ありえないから!!!!


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。