スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S高でも、校内リスカ

2009.12.18 23:33 candy

朝1番から、衝撃的な出来事が。
いつものように、とある駅で乗り換えて、S高へ向かう電車に乗って。
そこまでは良かった。
いつの間にか眠りの世界に入ってしまっていた私。
気付いたら、降りるべき駅から遥か遠い駅まで来てたの。
慌てて電車を降りて、逆方向の電車に乗り換えた。
でも、3・4限には間に合いそうにない時間で。
だけど3・4限の体育は単位が危ないから、休むわけには行かないという、ピンチな状況だった。
学校近くの駅について、学校までダッシュ。
授業開始から20分以内なら、一部欠課にはなるけれど、欠課にはならないから。
頑張って走った甲斐あって、欠課にはならずにすんだよ。
バドミントンも、それなりに楽しめた。
でも…。
授業が終わった後、担当の先生に単位について尋ねてから、一気に墜ちた。
『もう休めないよ。』
って、本当のことを言われただけなのに。
そしてそれは、私自身のせいなのに。
大パニックだった。
単位に、勉強に、受験に、いつも追われてる。
それらに、捕まえられてしまう。
捕らえられてしまう。
助けて、たすけて、タスケテ…
心の中でいくら叫び声を上げたって、誰も助けてはくれない。
私はトイレに駆け込んで、手首に3本の線を刻んだ。
冬の寒さで冷たくなっていた手に、生暖かい血がどんどん流れてきて。
自分ではどうしようもなかった。
小さめの絆創膏しか、手元になかったから。
だから、保健室に行って手当てをしてもらったの。
だって、そうするしかないじゃない?
先生は止血、消毒をしてから包帯を巻いて下さった。
『すいませんでした』
と謝って、授業に出るために保健室を後にしようとすると
『え!?
授業出るの?
休んどきなよ!』
と言われて、私は言われるままにベッドに横になった。
内容は忘れてしまったけれど、とにかく悪夢をたくさん見て。
うなされていたところにC勤務の養護教諭の先生に声をかけられて目を覚ました。
『大丈夫?』
って先生の問い掛けに曖昧な笑みを浮かべていると、カーテンの隙間から父親が顔を覗かせた。
『……!?』
驚いている私に
『昨日・今日と調子悪いみたいだったから、担任の先生が連絡したみたいよ。』
と先生が説明してくれた。
でもね、実際は違ったの。
私が“学校で”自傷行為をしたから、親が呼ばれたんだ。
保健室に来る前に、父親は“先生方”と話をしたと言ってた。
先生方、それはつまり担任や年次主任だろう。
夕食時、私は父親にこう言われた。
『先生方は公務員だし、責任が重くて大変なんだ。
もしもこういったことが外部に漏れたら、マスコミなどは飛び付いてくる。
そしたら、記者会見開かなきゃいけなくなったりするんだ。
もう、学校で切ったり薬を飲んだりするのは止めなさい。』
おそらく、父親は先生方にそう言われたんだろう。
マスコミとかって言葉、何も言われてないなら父親の口から出るはずないもの。
M先生、学校じゃなければ切ってもいいんですか?
ODしてもいいんですか?
昨日の“大切な人だから死んじゃ困る”って言葉は、私がS高の生徒で、S高の生徒として死なれるのが困るからっていうのが本当の意味だったんだね。
…ウソつき…。
M先生なら、信じられると思ったのに。
M先生の優しさは、ただの「義務」だったんだ…。
また1つ、暖かさが偽りに変わったね。

もしも時間を巻き戻せるのなら、あなたに話した私の本音を、初めて口に出した私の本音を、すべて消してしまいたい。
S高の中で1番信頼していたM先生へ、不信感を抱くようになった今、私はどうすればいいの。。。

もう全てがイヤで、カミソリを取り出した時、希結から電話が来た。
私のブログを読んで、心配して電話してくれたんだって。
優しいね。

希結はね
『M先生の昨日の言葉は、偽りなんかじゃないと思うよ。
私も、前の学校でも今の学校でも同じようなこと言われたし、私の友達も言われたって言ってた。
だから、マニュアルみたいなモノだと思うんだよね。』
って言ってくれたの。
それから、“全然成長出来てない”と言った私に
『でもさ、リスカとかODの頻度、減ったでしょ?
それって成長じゃない?
そして今は、調子のいい時は勉強できてる。
昔は0だったじゃん?
それ考えると、成長してるよ。
少なくとも、後退はしてないでしょ?』
って言ってくれて。
確かにそうだなって思って、少し落ち着けた。
希結のおかげで、新たな傷が出来なくて良かったよ。
ありがとう。

その後、お風呂場で切ってしまったんだけどね。


明日は雪さえ積もって動けない状態にならない限りは、中学生時代の塾の恩師に会いに、塾に行くつもり。
これが幸とでるか不幸とでるかは…
予測不可能だけど。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。