スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな小さな夢

2009.05.26 23:51 candy

忙しい1週間が、とうとう幕を開けた。
スケジュール帳を眺めては溜め息ばかりついていた私だけど、今は割と元気。
かなり前向きな思考になれてる。
辛くても苦しくても、K高を卒業しよう、早稲田か慶應に合格出来るように頑張ろうって思えるの。
…やっぱり、T先生の存在は私にとって大きいみたい。

今日の放課後、とある先生に用事があって、私は職員室に行ったの。
用事が終わって職員室を出ようと扉に向かって歩いてた時、T先生に声をかけられた。
『海月ー、最近は朝1人で起きれてるのー?』
って。
急なことで驚いたけど、嬉しかった。
顔を合わせる機会も少なくなって、話をすることなんてほとんどなくなっていたのに、T先生が以前と同じように普通に話しかけて下さったから。
『えー……』
何とか登校はしているものの、母親に起こされないとダメな状態だから、思わず言葉を濁しちゃった。
今朝だって、“無理、行けない”、“行かなくちゃ”の2つの気持ちの葛藤が凄まじかったし。
そしたら
『もう!いつもどっち付かずの返事なんだから!』
って言われちゃった。
養護教諭の先生にも、母親にも同じようなこと、よく言われるなぁ…。
これは、いけないことなのかもしれない。
だけど、学校内で生き抜いていくには、これが一番。
自分の立場をはっきりさせないことで、身を守っているにすぎないんだけどね。
なんだか癖になっちゃったみたいで、今では本当に自分の気持ちが分からなかったりするの。
自分が本当は何を望んでいるのか、自分の本音はどこにあるのか、分からなくなっちゃったんだ。。。

T先生とは、姉の話や大学の話を少しした。
私、もっともっとたくさんお話したいこと、あったよ。
でも、今日は結局口にすることは出来なかった。
それは、勇気が持てなかったって理由もあるけれど、T先生と久々にお話できただけで、パワーを頂けているのが分かったからだと思う。
ほんの短い時間、取り留めのない話をしただけなのに、たくさんエネルギーを頂いたの。
だからね、まだ頼る時じゃないって。
そう、感じた。
いつもいつも頼っちゃダメ。
本当に限界になった時に、頼るべきなんだ。
きっと、その時は素直に頼れる。
だって、分かったから。
担任であっても、担任でなくても、T先生はT先生。
私さえココロを開くことが出来たら…
本音を口にすることが出来たら…
きっと、受け止めて下さる。
間違ってない、よね?
きっと、きっと、大丈夫。。。

私ね、心の底から人を信頼できる日が来るなら、一番初めはT先生がいいなって思うの。
私の心の鍵を握っているのは、もう1人の私自身。
だけど、その鍵を開けて、中にある想いを解き放てるとしたら…
それは、T先生に対して、だよ。
真っ暗なトンネルの中、一筋の光となって下さってる方…
それがT先生だから。


1つ、小さな小さな夢が出来た。
夢、なんて言ってもいいのか分からないくらい、ささやかなモノだけど…。
T先生に言いたいんだ。
早稲田や慶應の合格を手に入れて。
『生きていて、良かったです。
T先生に出会えて、良かったです。
これからは、ちゃんと前を向いて歩いて行きます。』


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。