スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後期期末考査・4日目

2010.02.17 23:55 candy

後期期末考査4日目。
土・日と月曜・火曜の休みを挟んだ今日は、テストがある日。
どちらにしても、今日はHR(総学)があるから、登校しなければならない日なんだけど。
テスト科目は、英ⅡG(応用)・現代文(標準)・英ⅡR(応用)の3つで、HRを合わせたら4コマ。
テスト期間中に休みの日が出来ると言うことは、その分、他の日がハードになってしまうってことなんだよね…。

4日間も休みがあったにも関わらず、全く勉強に取り組むことをしなかった私は、学校へ向かう電車の中で最後の足掻きを。
この時ばかりは、とてつもなく長い通学時間にありがたさを感じた。
多分、S高に入学してから初めてのことだと思う。
長距離通学、キツいんだもん。。。
大分慣れたけどね。


英ⅡG(応用)のテストは、想像以上に手応えがあった。
“全然できない!”とパニックになるのを覚悟していただけに、安心安心。
運が良ければ満点とれるかな?って思えたほど。
満点、取りたいなぁ…。
最後に小テスト以外の大きなテストで満点を取ったのは、去年の1月。
K高で行われた3学期中間考査ならぬ、臨時考査でだったと思う。
点数をあげるように作られた問題だったとは言え、数Ⅰ・数Aともに満点を取れたこと、すごく嬉しかった。
成績が急激に落ち、学校も休みがちになっていた頃に勝ち取った点数だったしね。

思ったよりも遥かにいい出来栄えだった喜びを抱えつつ、HRへ。
最近のHRでは、来年度の受講計画を立てる個人作業が主。
その中で私は、担任と年次主任であるM先生との3人で、高認試験についての話し合いをした。
何点か相談がある、との前置きで始まった話で1番私に衝撃を与えたのは、“調査書”についてだった。
高認で必履修科目の単位を修得した場合、その記録も調査書にしっかりと書き込まれてしまうらしい。
『海月さんの場合、すでにK高からS高へ変わっていることでの“但し書き”があるよね。
もしも高認で単位を取ったら、もう1つ“但し書き”が増えることになるけど大丈夫?』
ってM先生の言葉で、高認を受けるという意志が大きく揺らいだ。
私が目指す看護科では、大抵、2次試験で小論文と面接を課しているから。
面接で、K高からS高に変わった理由を聞かれても、合否に差し支えない受け答えをする自信はある。
だけど、高認試験で単位取得をしたことについて突っ込まれたら…?
答えられる自信なんて、まるでない。
正直に答えられるわけがないけれど、筋の通る返答なんて思いつかないもの。
黙り込んでしまった私に、M先生は
『大事なことだし、まだ時間はあるからゆっくり考えていいよ。
今はテスト中だし、テスト終わってから考えて、答えを出してくれればいいから。』
と言って下さった。
それからテストについて、
『あまり気負わずにね。
自分を追い詰めすぎずに乗り切って!』
と。
先生は“テストが終わってから考えて”と言ったけれど、悩まずにはいられずに…
そして考えているうちに、気付いてしまった。
ハッとした。
調査書には、出席状況も記載される……!
私は1年の3学期、遅刻や欠席を繰り返していた。
2年では、6月から退学するまで、まともに登校したことなんてほとんどなく、S高へ変わってからも自殺未遂後の入院等で、たくさん欠席してる。
看護師にとって、“体力”は大切な武器の1つ。
こんなにもたくさん欠席している人を、誰が望んで受け入れる?
私が望むレベルの大学を受験する人の多くは、ほぼ皆勤に近い状態だろう。
私が選抜する立場なら、間違いなく皆勤に近い状態の人を受け入れたいと思うし、実際にそうする。
……無理、なんだ。
高認云々の話じゃない。
すでに私は、かなりのリスクを背負ってしまっている。
例え、努力に努力を重ね、1次を突破しても2次で落とされる可能性があまりに高い。
努力は、怠けでプラマイ0になるばかりか、マイナスになってしまうんだ。
そう言えば、私が欠席をするようになったばかりの頃、母親は“調査書”というワードを繰り返し発してたっけ。
あの時は、“私の体調よりも、そんなに調査書が大事なの!?”って憤りを感じてたけど…
結局は、母親が正しかったんだね。

戻りたいよ。
出来ることなら、時計の針を戻したい。
やり直したい。
もう、目の前が真っ暗だ…。


その後の現代文(標準)・英ⅡR(応用)は、ボロボロ。
両方とも読解だから、集中しなきゃならないのに、頭の中は“調査書”のことで一杯。
そればかりが、ぐるぐると渦巻いてた。


切りたいよ。
ODしたいよ。
だけど、痛みに逃げず、薬に逃げず、乗り切るって決めてたから。
我慢する。
だから。
明日に向けての勉強に取り組めない私を、どうか許して…。


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。