スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情爆発。 生き辛く、逝き辛い。

2010.04.26 23:47 candy

昨夜の睡眠事情。
3時頃まで寝付けずに、ベットでウダウダし、寝付けたと思ったら5時過ぎに覚醒。
でもいつの間にか再び眠っていたみたいで、目覚めたのは、私が“学校へ行く”ことが出来るようにと泡沫がしてくれることとなったモーニングコールによってだった。
時刻は6時45分。
それから急いで準備をして、7時15分頃に家を出た。
本来なら、もう少し遅い時間に家を出てもいいのだけれど、早めに登校して勉強したかったの。
9時頃に学校の職員室についてから1時間半、しっかり集中して勉強できたから、眠りは悪かったけれど1日の始まりとしてはなかなか順調な日だったんじゃないかな。
1時間半のなかで、英単語長4ページ進められたし、リーディングの予習も出来たっていうのは、最近の私からすると割とすごいことなんだ。
昔は“これくらい当たり前”と認識していたのかもしれないけれど…。

でもね、やっぱり全てが上手くいく1日なんて存在しない。
数B(応用)の授業で演習問題をやっている時、全然分からなくて、ペンを走らせることができない虚しさ、もどかしさ、悲しさなどから、うっすらと目に涙が浮かんだ。
前回の授業で、完全にパニックになって泣いてしまっているという事もあり、必死で涙を堪えたけれど“切りたい”という考えに頭が支配されてしまったの。
チラチラと剃刀のある場所へと視線を向けながら、本気で教室から出て行こうかと考えた。
もちろん何も言わずに飛び出す、という訳ではなく、“お腹の調子が悪いから”って理由をつけて化粧室へ行かせてもらおうって。
…カミソリを、ポケットに忍ばせて。
でも、出来なかった。
ODはし続けているものの、近頃リスカからは少し遠のいて私。
もしも切るならば、なかなか血が止まらないくらいの深さまでグッサリとやってしまう事なんて、考えなくても分かる。
そして不振に思った先生が、なんらかの行動に出るであろうことも。
その先生にバレたら、“自傷という問題行為を校内で行った”として、担任や年次主任の間だけでは話は留まらないであろうことも。
だから、シャーペンで引っ掻くことでなんとか自分を抑えた。
そして授業が終わった後、先生に
『数学を(個人授業として)教えてもらえませんか?』
と頼み、中休み(Ⅱ部とⅢ部の間にある60分休憩の時間)に教えてもらう約束をした。
だけど。
中休みに職員室の先生の机まで行くと、
『ごめん! 緊急会議が入った!』
と言われてしまった。
そして、先生は自分のデスクを指差し
『海月は~…、ココ!
ここで勉強してて!』
と。
普通、職員室の先生のデスクに座って勉強なんてありえない。
驚いた私が
『え…ここで…ですか??』
って尋ねたら
『ん? うん。
どうせオレ戻ってくるし。』
と軽く言ってのけた。
“いいのかなぁ…?”と思いつつも、“先生がおっしゃったんだし、大丈夫だよね”と、先生のデスクについて勉強をすることに。
不思議なことに、職員室にいらっしゃった他の先生は誰1人として、私が“教師の個人のデスク”で、その先生がいないのにも関わらず勉強をしていることを咎めなかったし、理由を尋ねることもなかった。
その様子に、他の先生に怒られることを不安に思っていた気持ちが消え、勉強に没頭。
集中の糸が切られたのは、私にデスクで勉強をしているようにと言った先生の
『おぉ! 海月が勉強してる!』
って言葉。
『先生が勉強してろって言ったんじゃないですか!!』
と返すと、
『知ってる(笑)』
なんて言うから、一瞬言葉を失ってから
『なんなんですか、もう!!(笑)』
って返してみたり。
そこまでは良かったんだ。
でも、次の先生の言葉で、一瞬にして笑みが引きつってしまった。
『ゴメン。オレもう授業行かなきゃ。
この後ずっと授業入ってるから、今日は無理。
明日も、、、授業は少ないけど面談が詰まってて難しいかなー…。』
これは、仕方のないこと。
分かってた。
頭では、ちゃんと理解できてた。
だけど、“勉強・勉強”と焦る心が、不安な心が、言うことを聞いてくれなかった。
“約束したのに、待っていたのに、どうして?”って思いが湧いてきたの。
『そうですか…』
と口では言っていたけれど、涙がこぼれそうだった。
こんなことくらいでって思うけれど、その時は、“こんなこと”が堪らなく辛くて苦しくて、自分自身をコントロール出来なかった。
先生のデスクから離れ、職員室の自習スペースに移動して、溢れる自分勝手な感情をぶつけるようにしてルーズリーフに英単語を殴り書き。
傍から見たら、必死で勉強してる生徒だったかもしれない。
でも心の中はグチャグチャだった。
焦りが、不安が、先生の一言をきっかけに溢れ出してしまった感じかな?
だって先生は、何も悪くないもの。
それなのに、こんなにも不安定な状態に堕ちてしまうということは、蓄積されたモノが必ずあったはずなんだから。
第一、金曜日に教えてもらう約束をしていながら学校を休んだ私が1番悪い。
分かってるのに。。。

…明日、謝らなくちゃ。
“どうして?”って責める目を、私はきっとしていただろうから。


不安はつきない。
焦りは消えない。
後悔はいつまでも付き纏う。
そんな中で、どうしてヒカリを見つけて前へと歩みを進められると言うの。
生きづらい世の中。
逝きづらい世の中。
何かに縋ってでも存在していなければならなくて。
縋れるものが見当たらなくても助けはなく。
世の中はやはり生きづらく、逝きづらい。



-----------------------------------------------
ランキングに参加中です。
1日1回押して応援して頂けると励みになります★
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ
------------------------------------------------



スポンサーサイト

テーマ:壊れそうな心 - ジャンル:心と身体

comment

2010.04.28 23:29 candy

愛結菜ちゃんは悪くないよ!!
またの機会に絶対教えてくださるよ‥★
それより一生懸命勉強してることがすごいと思います。

2010.04.28 21:41 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.04.28 21:18 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.04.28 03:57 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.04.27 07:08 candy

約束してたのにそうされちゃうと、なんで?ってなるよね
愛結菜ちゃんのそういう感情は全然おかしくないと思うよ。

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。