スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

依存危機

2009.12.10 23:33 candy

今日も無事、姉と同じ電車で学校に行くことができた。
もちろん学校には早くつくから、1時間ほど図書館で自習を。
3・4限の授業の時間が近づいてきた時、全身のダルさを感じて。
“この時間、休もうかな”とおもったけれど、“自習にきて授業出られなくなるなんて本末転倒”と言い聞かせて出席した。


3・4限が終わると、昼食タイム。
ホールは寒いから、さっさとお弁当を食べて図書館へ行こうとしたところに、養護教諭の先生に廊下で会った。
『久しぶり~!』
って声をかけられるのが、、常連さんであることを示している感じ。
確かに私、入学したての頃、毎日のように行ってた。
K高とS高のギャップについていけなくて、たくさん泣いたり、ODでふらふらになったり、リスカしたり…
たくさんお世話になってるよ。。。


5・6限をなんとか受けきり、7・8限に入る前の15分休み。
担任の先生の所へ
『今日はもう帰っていいですか。』
って何度も言いにいこうとした。
それくらい、きつかったの。
結局、言わなかったんだけど。


7・8限もなんとか出席し、9・10限前の中休みは図書館へ。
勉強しようと思ったの。
明日は小テスト、2つもあるし。
だけど、できなかったよ。
勉強するだけの気力が、もうなかったんだ。


9・10限は保健体育で、PC教室での授業だった。
教室に行っても鍵が開いておらず、みんなで教室の前で待ちぼうけ。
その間、私は色んなことを考えた。
“私が今やっていること、何か意味があるの?”をはじめとして“あと1年弱で大学を目指せるはずがない”、“無意味なんだ、すべて”、“こんなハズじゃなかった”、などなど。
流れそうになる涙を押し止めていたら、
『どうしたの?』
と声がした。
声の主は、英ⅡG(応)と英ⅡR(応)を教えてくれている先生。
先生も授業前だったし、私も教室の鍵が開いたしで、それ以上話は発展しなかったんだけど。

9・10限が始まってからも鬱々で、密かに涙してた。
その時に思ったのは、“M先生に聞いてほしい”ってこと。
今まではずっと、T先生・T先生、だったけど。
『私が今やってることって、何か意味があるんですか?
1年弱で受験なんて出来ない。
受験はそんなに甘くない。
こんなはずじゃなかったのに…
もう、どう生きればいいか分からないです。。。』
そう、言いたかったの。
他の誰でもなく、M先生に。
あぁ、私はまた反省のかいなく、先生に依存しようとしているのだろうか。
だとしたら、危ない。
また、構ってチャンになってしまう。。。
危険だって分かってるけど、先生に話してみたいんだ。
あなたは、私の言葉に何と返しますか?


スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。