スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔も今も迷惑ばかり

2010.07.08 23:40 candy

昨日の記事で、ODで健忘を起こした間の出来事を“分からなくたっていい”と書いたけれど、母親とのやりとりだけでも思い出せたらいいのに、と思ったり。
なぜなら、今朝、母親に起こされなかったから。
単位を落としてからも平日は必ず声をかけて起こそうとしていた母親なのに。
もしかしたら寝ぼけて忘れてしまっているだけかもしれないけれど、どうしても“昨日、私が何か言ったのでは?”と思ってしまう。
起こして欲しくないとは思っていなかったから、
『起こさないで。』
とは言っていないはず。
もしも言っていたとしても、それだけなら全然構わないんだ。
私が1番不安なのは
『死にたい。』
と言ってしまっていないか、ということ。
ODした時、特に健忘を起こすほど薬が効いている時の発言は、ストレートなものになってしまいがちみたいだから…。
多分大丈夫だとは思うけれど。。。


昼過ぎに目覚めた私は、昨日の出来事について考えつつご飯を食べ、それから中学時代後半にお世話になった塾(私塾)に電話を。
実は、塾長であるU先生と土曜日に会う約束をしていたの。
会うと言っても、塾で、だけれど。
でも、土曜日は鬱々していて、結局行くことができなくて。
連絡をしようにも、私の携帯のデータは消えてしまっているから連絡が取れず、どうすればいいか悩んでいたんだ。
そして今日、“平日の昼間なら、塾にかけても迷惑にならないかも”という考えが浮かんだから、電話したの。
電話に出たのは意外にもU先生ではなく、副塾長にあたるのではないか、と塾生だった時から思っていた女性の先生で、驚いた私は、無礼にも名乗るより先に
『○○先生!?!?』
と発してしまってた。
そしたら先生は、
『あれ、愛結菜?』
って。
これまた驚き。
私が塾に電話をかけるのは初めてだし、そもそも私はもう塾生じゃないし、その時は平日の昼間。
それなのに声を聞いただけで私だと分かるなんて…。
『どうして私だって分かったんですか?』
と聞くと、
『声が高くて可愛いから。笑
電話かけてくるなんて珍しいね。』
うーん…。
可愛いかどうかは別にして、確かに私は声は高い方だと思うけれど、それだけで判別できたりするものなのかな。
電話越しの声って、直接聞く声とは多少違ったりすることもあるのに。
謎。
U先生に代わってもらおうと思ったけれど、U先生は面談中だったらしく、伝言を頼んで。
その後は、先生と雑談を少し。
当然のことながら、
『学校は?』
と聞かれ、単位を落としてしまったこと、絶賛不登校中なこと、卒業を延ばすか今年度受験をするかで迷っていることを正直に話した。
U先生もその先生も、私の事情について去年からご存知だから、特に隠すことでもないな、と思って。
駿台には行っていることを言うと
『駿台楽しい??』
と尋ねられたから
『メチャクチャ楽しいですよ、授業!』
と答えると
『愛結菜は勉強、好きだものね~。』
思わず
『えぇ!?』
って言っちゃったよ。。。
新しいことを知ること、出来なかった問題が出来るようになること、楽しいし嬉しい。
だから勉強は嫌いじゃない。
好きか嫌いかと聞かれたら、好きな方だと思う。
それは確か。
でも、傍からみて“好きなんだな”って思えるほど好きなのかと言われたら、そうじゃない気がするんだけどなぁ…。
塾は好きだったけど。
あの頃、好きだと言える“人間”は、塾の先生方だけだったし。
本当にいい方なんだよ、先生。
今日だって、学校をどうするかについて真剣に考えて下さって
『また連絡して?』
と言って下さったしね。
どうしてこんな私に、そこまでして下さるんだろう。
塾生だった時も、卒塾してからも、迷惑かけっぱなしなのに。
中3の夏は、ピアノのコンクールにむけてのレッスンで、夏期講習は休んでばかりで。
県立高校入試の勉強も満足に出来ていないクセに、冬にいきなり
『~~(←県外にある中高一貫の難関私立)を受けたいです!』
と言い出したり。
『この短期間で合格できたら快挙だよ。』
なんて言われつつ、奇跡的に合格を手にしたと思えば親からの反対にあい、一時金さえも払ってもらえずに自棄になって学校も塾も行かなくなったり。
気持ちを立て直して受験勉強を始めたのは、県立高校入試まで1ヶ月を切った頃だった。
300点満点の県立入試。
260点前後しかとれなかった私を、1ヶ月で280点代まで引き上げて下さった先生方がいたからこそK高に合格できて。(福岡県の県立入試問題は、他県より比較的簡単なのです)
だけど私、結局辞めてしまって、先生方の気持ちを無にしてしまったんだよ?
それなのに……。
ごめんね、先生。。。

ありがとうではなく、ごめんなさい、しか出てこないのは、引け目を感じているから、なのかな。




読み返してみると、なんだかいつも以上に支離滅裂な文になってますね><
ごめんなさい;;
こんな私を見放さずにいて下さって、感謝感謝デス**


スポンサーサイト

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

comment

2010.07.09 19:22 candy

No title

全ての人に、100%恩返しをしようと思ってたら
皆疲れ果てちゃうよ。大丈夫!

君を送り出した後は、もう次の生徒を気にかけてる。
君を忘れるって意味じゃないよ。
愛結菜ちゃんは卒業生として先生の記憶に残るんだ。

記憶の配置が変わるっていうのかな。
君が申し訳なく思う必要なんてこれっぽっちもないよ

先生の心の中に居るのは
"声が高くて可愛い愛結菜ちゃん"なんだから。

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。