スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は、死ぬべき人間なのです。

2010.07.13 23:31 candy

朝目覚めたら、部屋の電気も、勉強机の電気も点いたままになっていた。
ベットから体を起こし、状況が把握出来ず、しばらく放心状態に。
そして、思い出した。
…私、泣きつかれて寝てしまったんだ…。

昨夜、私は中学時代にお世話になった塾の先生、U先生に電話をしたの。
電話をするという約束になっていたから。
単位を落としてしまったことは説明済みで、電話ではこれからどうするべきかを相談するはずだったの。
冷静に。
でも。
『私…、どこで間違ったと思いますか……??』
ずっと誰かに聞きたかったこと。
ずっと自分自身に問い詰めていたこと。
口にした瞬間、涙が溢れて、まともに言葉を発することさえ出来なくなってしまった。
『私は…、こんな自分になりたいわけじゃ…なかっ…た…のに…ッッ』
しばらくの沈黙の後、U先生は
『オレは別に、何も間違えてなどいないと思う。』
とおっしゃった。
それから、
『でも、もしもナニカがあって、それを乗り越えたいと思うなら…
内にある全てを吐き出して(口にして)しまうか、もしくは自分の中で折り合いをつけて封印してしまうしかないだろう。』
とも。
もしもココロという物に形があるのならば、この瞬間に私の心は粉々になってしまっていただろう。
だって、私は内にある全てを口にすることは出来ない。
例え誰が相手であろうとも。
それらはあまりに重すぎるから。
かと言って、封印することも到底出来ない。
今まで、何度も何度も忘れようとした。
封印しようとした。
だけど、どんなに頑張ってもほんの少しのキッカケで、フラッシュバックして、当時の出来事が、気持ちが、鮮明に思い出されてしまう。
完全に封印するなんて、そんなの不可能だよ…。

電話を切った後、ベットに倒れこみ、ひたすら涙を流した。
U先生は、
『もしも間違い、というより原因、があるとするならば、○中かな。
いや、○小と言ってもいいかもしれないな。』
と言った。(小学校と中学校は、ほぼエスカレーター式だった)
私はそれに、反論したよ。
『私は、、、みんなのことを嫌ったり憎んだり、そんな感情は全く抱いていません。』
と。
たくさんひどいことをされてきたと思う。
なりすましメールが来たり、5分間に数十件の非通知着信があったり、廊下に出ると
『死ね』
『うざい』
『きもい』
『消えろ』
等の言葉と共に、あざ笑うような笑い声がふってきた。
朝、教室に入ると、他クラスの人にも関わらず
『なんで学校来てるの?笑』
と言われたり。
呼び出しも何度も受けた。
その他にも、いっぱい。
それでも嫌ったり憎んだりしないのは、みんながかつての友達だから。
みんなのいいところもたくさん知っているから。
暖かいココロを持っていることを知っているから。
嫌わない、憎まないんじゃない、嫌えない、憎めないんだ。
嫌うことが出来たら、憎むことが出来たら、少しは楽だったかもしれないのにね。
封印はできない、吐き出すことも出来ない、それならば。
私は一生過去に縛られ、前に進めず、このままどんどん堕ちていくしかないんだ…。
それを突きつけられたようで、絶望したの。
もちろんU先生にそんなつもりがあったわけではないことくらい、承知してる。
U先生は、中学時代、唯一私の心の支えとなって下さっていた方だしね。
だからこそ思っていたんだ。
もしかしたら、再び引き上げて下さるんじゃないかって。
今の私を、立て直してくださるんじゃないかって。
その分、衝撃は大きくて。
もう、死ぬしかないと思った。
泣きながら、ひたすら確実に死ねる方法を模索してたの。
手首には、確実に縫合が必要であろう深い深い傷。
止血しようとしても、絶えず流れ落ちる紅い赤い水滴。
死にたくて。
死にたくて。
死にたくて。
だって私が死んでも悲しむ人なんていないじゃない。
毎朝、“今日はじめに言われる言葉は、死ねかな、うざいかな、それともまた新たな手法でくるのかな”なんて考えながら生きてきた私。
約2年間それが続いて。
私は死ぬべき人間であると、私自身の心に、脳に、深く深く刻まれたんだ。
今更、“生きたい”なんて思えるわけがないじゃない。
逝きたいとは思っても、ね。

あの約束、守れないかも。
元気な姿で、8月5日に先生の前にいる、なんて。
ごめんね、先生。
悲劇のヒロインを気取りたいわけじゃない。
同情してほしいわけじゃない。
本当に、本当に、限界なんだ。
これ以上、私には背負いきれない。
それでも。
日々、溜まっていくんだ。
背負わなければならないものが。






助けて

そう言えば 救われるのかな

否、そんなはずない

わかってる

救いなんて ないんだよ






スポンサーサイト

テーマ:壊れそうな心 - ジャンル:心と身体

comment

2012.07.20 18:03 candy

わかります
  • URL
  • No Name
  • [edit]

2010.07.23 20:47 candy

大丈夫ですよね…?

はじめまして愛結菜さん。はじめてコメントします。
ブログ更新でしか愛結菜さんのことが分からず、心配です…。無事なのを祈っています。

2010.07.23 13:32 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.07.21 22:52 candy

愛結菜ちゃん☆いつもブログ読ませてもらっています。今どうしてますか。あの後から更新がないのでとても心配しています。大丈夫ですか。どうか無事ですように。

2010.07.21 09:37 candy

私も同じ人間

愛結菜さん、私も貴方も死ぬべき人間なのは同じです。でも、それは今じゃない。自分を出し尽くして使命を終えたときです。

貴方も私も、自分の流した涙と血のすべてを賭けて、自分の人生のすべての経験や苦悩を糧にして、やらなくっちゃならないことがあるんです。

私はね、自分自身の存在を誰にも、自分にも否定させないために、意地でもそう信じて日々できる努力を続けています。「たとえドブの中でも前のめりで死んでいきたい」と坂本龍馬のこの言葉だけは、私は頭の引き出しから手放すことはないと思っています。

過去は自分を殺すためでなく、未来に導くためにあることを信じてください。愛結菜さんの挫折も苦労も悲しみも、やがて自分の笑顔をつくり人の笑顔もつくるんです。

年上なんで生意気言っちゃいましたが、嫌われたくて言ってるんじゃないことをわかってくださいね。愛結菜さんが前のめりの生を選択されることを祈っています。
  • URL
  • 前のめり
  • [edit]

2010.07.20 21:13 candy

no subject

初めまして。
このブログをいつも読ませてもらってます(・∀・*)

最近更新が止まってしまってるのですごく心配です。
大丈夫ですか?

無事であることを祈ってます…。

2010.07.20 21:02 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.07.20 16:31 candy

生きてますよね?
無事ですよね?

心配です…。
みんな心配してますよ…(´;ω;`)
無事でありますように。

2010.07.20 15:13 candy

愛結菜、、心配だよ
どうしてる?
ちゃんと無事でいてくれるかな‥
愛結菜がいなくなるなんて
考えただけでこわいよ
どうかどうか無事でいてください

2010.07.19 20:25 candy

no subject

あれからしばらく更新されてなく、心配で毎日このHPに
きています。
私もつらいこといろいろあったので、愛結菜さんのお気持ちわかります。
きっと人間は一人ぼっちではないと思います。
どうか、無事でありますように。。。。

2010.07.19 07:54 candy

更新がとまっているから心配です。
無事でありますように(´・ω・`)

2010.07.18 23:23 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.07.16 01:21 candy

no subject

はじめまして。通りすがりのmkといいます。

うちの先生曰く
「人の記憶は忘れるようにできている」
のだそうです。どんなつらい思い出も、ヒトの脳は忘れるようにできてるんだって。
私も嫌な思い出があります。・・たぶん、消えることはないだろうと思ってるけど、それでもいろんなことしてその記憶が薄れていくように日々過ごしてます。

愛結菜さんも少しずつ、いろんな人といろんな経験してく中で、つらいことが薄れていけばいいですね。

2010.07.14 21:56 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.07.14 17:24 candy

no subject

俺が近くに居たら、話を聞いてあげるのになぁ。。
なんて、20代男の言う事なんてきもいよね;

俺は君より少し長く生きてるから、わかるけど
「時間が解決してくれる」って言うんだ。そういうの

縛られるのも、解放されるのも
U先生や他人任せには出来ないんだよ。
君自身の力で乗り越えるしかないんだ。
そしてそれは難しくないよ!本当に
方法は、ただ生きてればいいのさ

思うように人生を生きてきた人が
世界に1人でも居るならそいつに話を聞いてみたいよ。

2010.07.14 15:45 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.07.14 15:40 candy

no subject

2年間も…辛かっただろうね。。

それなのに嫌ったり憎んだりできなかったってことは
愛結菜ちゃんはすごくすごく優しくて、人間を愛しているんだね。

確かに愛結菜ちゃんをいじめたみんなには、暖かいところもあるのかもしれない。
けどどんな悪人にだって、いいところはあると思う。
愛結菜ちゃんは完全なる被害者だったんだから、善い人たちにいじめられたから自分は死んだほうがいい、なんて思わないで。
愛結菜ちゃんは、危害を加えられた側であるだけで、悪いことや間違ってることをしたわけじゃない。

何にも悪くないんだよ。
愛結菜ちゃんが生まれてきたことも、ここに生きていることも、間違っていることじゃないよ。
愛結菜ちゃんの存在を受け入れたく思っている人が、今、ここにたくさんいるから。
死ななくって、いいんだよ。

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。