スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロボロに崩すのは

2010.08.17 23:56 candy

今日は3日ぶりのバイトの日だった。
だけど私は、一睡も出来ていないばかりか、墜ちていたせいでODまでしてしまっていたの。
ODの影響は、バイトへ行く時間になっても続いていたらしく、自転車に乗ってフラフラフラフラ。
バイト先へ着くまでに、なんと3回以上も派手に転倒してしまった。
そんなこんなで、バイトに行かなければならない時間までに着きそうにないと思ったから
『すみません、自転車で転んで…
遅刻してしまいそうです。
申し訳ありません。』
とマック店舗に電話した。

マックに着くと、私に気付いたマネージャーが
『大丈夫!?』
と駆け寄って来て下さり、傷を見ると救急箱を持ってきて、軽い処置をして下さった。
『大丈夫です!』
って言う私に、
『大丈夫じゃないよ!
洋服にも血がついてるし…』
とマネージャー。
それから店長は
『大丈夫?
無理しなくていいよ。
キツくなったら、いつでも言ってね。』
と優しく声をかけて下さったの。
ありがとうございます…。

だけど薬の影響のせいか、バイト中のことはほとんどキオクにない。
ただ、マネージャーに
『フラフラしてるけど、大丈夫?』
と言われて焦ったことは覚えてる。
後は何もキオクにない。
空白の時間。


バイトが終わると、恒例のスタバへ。
だけど、勉強する気がおきずに、結局何もしなかった。
大好きな飲み物さえも、美味しいと感じられなかったの。
勉強していない、そんな自分に情けなさを覚え、嫌悪を抱きつつ、帰宅。
夕方までは、ひたすらぼんやりとして、久々の希死念慮と戦っていた。
でも…。
父親と喧嘩になったの。
喧嘩、とは少し意味合いが違うかもしれないけれど。
私はね、勉強に打ち込むことが出来なかったイライラや蓄積されていたナニカが爆発して、処理できずに物にあたってしまったの。
そしたら父親は、母親に
『もう(家を)出ていこう。』
とわざと私に聞こえる大声言い、私の部屋の前まで来ると
『お前、いい加減にしないと病院か施設にぶちこむぞ!』
と。
この言葉に、絶望した。
私は最近、前に進めるように頑張ろうと思い始めていて。
少しずつ、少しずつだけれど勉強にも取り組むようにしてた。
でもそれは、ただ私の自己満足だったんだね。
自分で勝手に、そう思っていただけだったんだね。

父親は数ヶ月前、私に
『死ね』
と言った。
『産んだのではなく、勝手に産まれてきたんだ。』
と。
そして今回は
『施設にぶちこむ』
私、本当にいらない子なんだね。
死にたい。
死にたいよ。
消えたい…。

でも、死ぬことはとても難しいことなのだと、私は身を持って知っていて。
死に逃げることさえ不可能で。
泣きながら、泡沫に電話をした。
泊めてもらえないか、と。
でもその時は、すでに10時を過ぎていて、当然無理な話だった。
“もうダメだ”と思っていたら、なんと別の友達が
『来てもいいよ。』
と言ってくれて。
夜中にも関わらず、30分ほど自転車を走らせて、その子の家へ行った。
その子とは小・中学校と同じで、中学時代に私を支えてくれた数少ない人の中の1人。
たまに連絡を取ってはいたけれど、会うのは高1の時にK高の文化祭に遊びに来てくれたのが最後だから、2年ぶり。
それなのに急な私の無理な要求を受け入れてくれて、更に会話に困ることもなく盛り上がれて…
父親とのことが帳消しになれそうなくらい楽しかった。
くすだ、、、ありがとう…。


今日、確信した。
私はあの人が、否、あの人たちがそばにいる限り、一生マトモになれないのだ、と。
いつも、前向きになった私を一瞬で墜とし、修復不可能にするのは、貴方だね。
私は何のために生まれてきたの?
―利用するため―
それが全て。
価値がなくなった私は、厄介者で、用済みなんだ。
それならば、解放して。
一刻も早く。


スポンサーサイト

comment

2010.08.19 02:57 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.08.18 11:20 candy

ご両親の言葉に傷つきましたね。つらいですよね。苦しいですよね。何もできなくてごめなんさい。生きるのって疲れるよね。ご両親に理解してもらいたいです,愛結菜ちゃんの気持ち。親子って難しいですよね、近いようで遠いいっていうか…。親は、もうあてにしないって決めて割り切って生きるのも一つの手かな…。(愛結菜ちゃんはすでにそうしてきたか…な。)何が言いたいのかわからなくなっちゃった,ごめなんさい。でも、とにかく自分を責めないでね。愛結菜ちゃんは悪くないんだから。愛結菜ちゃん、つらそうで『生きてて!』って言うのもなんか苦しいけど…生きていてほしいな。意味わからないコメントごめなんさい。

2010.08.18 10:29 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。