スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実は過酷で真実は残酷

2010.09.29 23:35 candy

貫徹した、今日。
なぜか食欲がなく、朝ごはんもほんの少ししか食べることが出来なかった。
体調が悪くても、今日はS先生とお話をするために学校へ行く約束をしている日だから、外に出なければならない。
S先生との約束の時間は14時で、最近不調続きであり、お薬もそろそろなくなるはずの時期だから、その前に病院へ行くことにした。
制服に着替え、仕事へ行くついでに父親に車で送ってもらい、診察室へ。
待合室はこれでもかというほど混んでいて、座る場所もないくらいだった。
最初は座れる場所が1箇所のみあって、座っていたけれど、年配の方がいらっしゃったから、譲ったんだ。
そしたら、脈は速いし頭は痛いしで、心身ともに不調になってきたから、受付の方に
『すみません、体温計を貸して頂いてもよろしいですか?』
と。
“いいですか?”じゃなく“よろしいですか?”という言葉遣いになったのは、マックでの影響なんじゃないかな。
体温計を受け取り、受付から少し離れた隅っこで、立っていられずにしゃがみ込んで熱を測っている私に、
『大丈夫?』
と優しい看護師さんが声をかけて下さった。
『大丈夫です。』
と答えた時に、ちょうど体温計が鳴って。
見てみると、37℃ぴったり。
一般的にはそれほど高くないのかもしれないけれど、平熱がそこまで高くない私にしてみれば、これでもキツいんだ。
体温計を受付の方に返し、“まだかな、まだかな”と思いながら立って待っていると
『海月愛結菜さん~どうぞ~』
とやっと名前を呼ばれた。

診察室に入ってはじめの主治医の一言は、
『疲れてるね(苦笑)』
だった。
そんなに疲れた顔、してたのかなぁ…??
診察の中で、頭痛・熱・頻脈の話をすると、主治医は私の手をとって血管に手をあて
『…確かに速いね。
100~120はありそうなかんじ。』
とおっしゃった。
『バファリン飲んでみたんですけど、あまり効果なかったんです。
風邪、じゃないんでしょうか?』
と尋ねると
『十中八九、ね。
精神的なもの、ストレスとかが大きいんじゃないかな?
喉は痛くないんでしょう?』
『はい、頭痛と頻脈で苦しいだけです。』
私の答えに、
『やっぱり、ストレスとか緊張性のものだと思う。
自分で気づいてる?
今もかなり緊張してるし、構えてるよ。』
これには驚いた。
自分では全くそんな風に感じていなかったから。
むしろ、“今日は割りと自然体でいられてるな”って思えてたくらいだし。
主治医によると、“自分で気づけないくらい、緊張したり構えたりしている状態が常になっている”らしい。
『頭痛とか脈拍とか熱とかを抑える薬はありませんか?
今、ホントにキツいんです。』
と言うと、
『うーん…、いい漢方はあるけど、漢方ダメなんだよね?』
って苦笑い。
『そうですね。。。
漢方は苦手なので、例え処方されても飲まない可能性大だと思います。』
正直に答えると、
『それじゃあ意味ないしなぁ…。
デパスもいいんだろうけど、現時点でデパスはいっぱいいっぱい処方してるからダメだし、、』
と言って悩みだした。
しばらくして
『テグレトールは?』
と言った主治医に
『以前処方されて飲んでいましたが、全然効果がなくてすぐに止めました。』
と私。
セロクエルを出す、という話もでたけれど、一応リーゼを新しく処方する、ということで話がまとまった。
セロクエルも嫌いじゃないけど、頭痛にはリーゼってイメージが私の中にあるんだ。
1年少し前、かなめクリニックに通っていた時は、リーゼが頭痛時頓服として出されていたから。
頻脈や熱に効果があるかどうかは謎だけれど。

診察終了後、病院横の薬局には行かず、少し離れた場所にある別の病院の傍にある薬局へと足を運んだ。
理由は、ウィンタミンが欲しかったから。
私の処方箋にはコントミンがあるけれど、最初はウィンタミン希望だったんだ。
だけどウィンタミンを取り扱っていないらしく、コントミンになったの。
でも、コントミンはウィンタミンに比べて錠が大きいし、何よりコントミンは黄色で、ウィンタミンはピンク色。
コントミンとウィンタミンはゾロだから、薬剤師さんに頼めばウィンタミンに変えてくれるかなって思ったんだよね。
そして薬局に行き
『ウィンタミンとコントミンって、効果同じですよね??
処方ではコントミンになっているのですが、ウィンタミンにして頂けませんか?』
と聞いてみた。
そしたら、
『確かに効果は同じですが…
一応、担当の医師(=私の主治医)に確認してみますね。』
と。
…ゾロなのにわざわざ確認するなんて、かなり薬に関して厳しくなっているんだなぁ。。。
まぁ、最近は精神科領域のお薬に関する事件、多いしね。
精神科領域だけでなく、市販薬の管理も厳しくなってるし。

電話での確認の結果、主治医はあっさりと許可を出して下さったようで
『それでは、ウィンタミンにしておきますね^^』
と薬剤師さん。
初めて実物のウィンタミンを見て、“絶対ヒルナミンと同じ製薬会社だ!”と思った。
実際のところは知らないけれど、シートのデザインが似てるんだもの。


ウィンタミンGETで少しテンションが上がった私は、そのまま青松へと。
正直に言うと、新原先生とのお話は、あまり有意義なものだと思えなかった。
原因なんてない。
だけど、なんとなく“私の居場所はここではないのではないか?”とさえ思った。
ここは私の居場所ではない、と。


現実ほど過酷で
真実ほど残酷なことはない

そう、思った。
スポンサーサイト

comment

2010.10.02 22:50 candy

no subject

Ringさんへ>>

お薬、知識がなくとも、医師のいうとおりに飲むことが出来ていればそれが1番だと思いますよ♬

こちらこそ、よろしくお願いします。

2010.10.02 21:46 candy

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。