スポンサーサイト

--.--.-- --:-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『諦めなくていい』

2009.12.02 23:33 candy

今日目覚めたのは、なんと10時過ぎ。
昨夜は1時前に布団に入ったから、かなりの時間眠ったことになる。
眠りすぎでしょ、私…。
眠り過ぎで、頭が痛かったよ。。。
早めの昼食を摂って、11時過ぎに家を出た。
本当はその時間に家を出たら、5・6限に間に合わないんだけど、今日はK高の友達と会う約束があったから。
私の中では、英ⅡG(応)の授業よりも、K高の友達との約束の方が大切なんだ。
12時に待ち合わせの駅へ着いた時、浜さんから電話が。
慌てて改札を出て、近くのバス停へ。
久しぶりに会う友達は、最後に会った時と少しも変わらず、元気だった。
友達は私を見ると、
『わー!
制服かわいい!
メチャ女子高生みたい!』
って。
“そう言えば以前、姉も同じようなこと言ってたっけ”なんて思っていたら、
『いいな。
私なんて、コレだよ、コレ!』
と言ってK高の制服を指差した。
『着られなくなったら、着たくなるものだよ(苦笑)』
と返すと
『え?着ればいいじゃん!』
だって。
確かに制服持ってるわけだし、着ようと思えば着れないこともない。
事実、前の学校の制服を着てS高に来る人もいるし。
だけど、そう簡単にはいかないんだよ…。
仕方のないことなんだけどね。

友達とは、会って15分程で別れた。
なんでも、部活の集まりがあるとか。
期末終わった日に部活動か。。。
忙しいんだね。
そんな忙しさが苦痛だった頃もあったけど、今は羨ましいよ。
輝いて見えるんだもん。
…友達に会えたのは嬉しいことだけど、凹んでしまって、電車の中では“切りたい”のオンパレードだった。
『元気そうでよかった。
安心した。』
って繰り返し何度も何度も言ってくれてたのにね。


電車に乗った時、
『何時頃に学校着く?』
ってまゆこからメールが。
到着時刻を調べて返信をすると
『じゃあ、駅で待ってるね。』
と。
“お出迎え!?”って思って半信半疑だったけど、約1時間後に駅に着くと、本当にまゆこがいて。
私に気付くと、走って抱きついてきた。
『しおりとね、どっちが先に愛結菜に抱きつくかって、言い争ってたんだよ。』
と嬉しい言葉。
私、そんな価値のある人間じゃないけど、そんな風に言ってもらえて嬉しいよ。
ありがとう、まゆこ、しおり。

まゆことは、その後ゲームセンターに行って一緒にプリクラを撮った。
まゆこは
『しおりに“愛結菜とプリクラ撮った”って自慢しよ(笑)』
なんて言ってて。
『私、そんな有名人じゃないし!』
なんて突っ込みながらも、心の奥底では喜びを感じていたりした。

HRの教室に入った瞬間、
『愛結菜ー!』
と言って抱きついてきたしおり。
他の人達は驚いていたけれど、まゆこは“予想どおり!”って感じの顔をしてた。
しおり、心配かけてごめんね。
ありがとう。

HRでは、冬季講習の案内をもらった。
S高でも、冬季講習をするんだね。
ちょっと意外。
ただ、参加自由な所、自分で受ける講座を選択できる所が、S高らしいなって思った。
私は、古典入試スタート・英語演習・数Ⅱ(理)の3つを受けるつもり。
4つまでしか選択できない中でだから、割と多い方になるかな。
自分がちゃんと受け切れるかどうか、少し不安もあるけれど、やってみないことには始まらないよね。
それから、1月にある進研模試の申し込みもあった。
前回は、国語と英語の2科目を受験して、数学はするーした私だけど、迷った末に、今回は数学も受けることに。
いつまでも、逃げているわけにはいかないし。
破滅覚悟ででも、やってみるべきだよね…。


HRが終わった後、担任の先生に呼ばれて一緒に職員室へ。
年次主任のM先生・担任の先生・私の3人でお話をすることになった。
保健室横の面談室で、先生2人と向かい合う私。
すごく緊張したよ。。。
3人でお話をしたと言っても、ほとんど話していたのはM先生だった。
M先生は、
『1人ではどうにも出来ないことだってある。
そういう時は、遠慮なく頼って。』
とおっしゃった。
M先生によると、S高の先生方はみんな、特別な訓練を受けているらしい。
様々な事情を抱えた生徒を、ちゃんと見ていけるようにって。
全然知らなかった…。
その話を聞いて、少し力強く感じたよ。
M先生とは、軽く進路の話もした。
今は横浜市立を目指していること、昔は慶応を目指していたこと、慶応は学校を辞めた時に諦めたことを話したら、
『諦めなくてもいいと思うけど。』
とあっさり。
うーん…。
無理だと思うけどな、今の私には。
頑張れるのなら、狙えるのなら、慶応を目指したいというのが今でも本音なんだけどさ。


3人でのお話が終わって、9・10限を終えるとガイダンスルームへ。
部活の顧問である先生を訪ね、
『部活をしばらく休むか、辞めるかしたいんですけど…』
とうつむきながら言った。
入ったばかりでこんなことを言うなんて、情けないなと思いつつ。
話をして、退部ではなく休部をすることが確定した時、先生は、
『部活は逃げないから、ゆっくりでいいからね。
戻ってくるのを、ずっと待ってるから。』
って言って下さったんだ。
“ずっと待ってる”って魔法の言葉を使う先生、S高にもいたよ。
…ありがとう。


先が見えなくて、正直、もう生きたくないって思う。
だけど。
今日1日、自傷行為をせずにすんだのは、みんなの暖かさのおかげだね。
こんな私を、見捨てないでいてくれて、ありがとう。

スポンサーサイト

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログの記録

カウンター

プロフィール

海月 愛結菜

Author:海月 愛結菜
高校3年生
6月5日生まれ・18歳

2008年09月に精神科デビュー。
うつ病・境界性人格障害・不眠症。
現在投薬治療中。
リスカ・ODなど、自傷癖あり。
2008年・2009年11月には、自殺未遂によりICUに入院。


詳しい経緯はこちら
詳しいプロフはこちら
当ブログによく出てくる人物紹介はこちら


*ブログについて*

愛結菜のブログ

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。